ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『JK☆ROCK』福山翔大×山本涼介インタビュー

若手人気俳優が意気投合! 友情を育んだ青春ストーリーを振り返る

『JK☆ROCK』福山翔大×山本涼介インタビュー
いつの日かまたステージに立ちたいな、という野望がある(笑)/福山

『JK☆ROCK』
2019年4月6日より全国公開
(C)2019「JK☆ROCK」ビジネスパートナーズ
2人の「JOE」を中心に絶大な人気を誇っていたロックバンド「JoKers」の突然の解散。それを境に音楽を捨ててくすぶっていた主人公・丈が、初心者女子高生バンドを指導することになり、彼女たちのひたむきな姿を通して音楽への情熱を取り戻していく青春ストーリー『JK☆ROCK』が4月5日より公開される。

劇中で披露される「JoKers」のライブシーンは、まさにライブ会場にいるような臨場感がある。そこで今回は才能がありながらも音楽への気持ちを諦め、別の道に進もうとする丈を演じた福山翔大、「JoKers」では丈と人気を二分し、解散と共にアメリカデビューを果たしたもう一人の「JOE」香月丞を演じた山本涼介に話を聞いた。


──今回のオファーが来た時はどう思われましたか?

山本涼介(左)と福山翔大(右)
福山:映画初主演という形で作品に関わるれることは初めてだったので嬉しかったですし、頑張らなきゃなというプレッシャーもありました。今回はロックバックバンドをやっているという設定だったんですけど、以前にNHKのドラマ(『You May Dream』)でシーナ&ロケッツの鮎川誠さん役をやった経験があってあったので。ギターに関してはそんなに抵抗はなく入れたかなと思います。

山本:僕は今回、JK(香月丞)役を狙ってのオーディションだったので、決まった時は嬉しかったですし、自分にはない引き出しを増やせるチャンスだと思ったので、一歩成長できたらいいなと思って臨みました。ただ僕はギターに触ったことがなくて……。それでも選んでもらえたので、とにかく練習しましたね。

──香月丞はきらびやかなロックスターという感じでした。山本さんはBIGBANGの大ファンだと聞いたので、もしかして意識した部分はあったんですか?

山本:いや、今回監督からは(ミュージシャンで俳優の)MIYAVIさんのようなロックスターを意識して欲しいと言われていました。ですからMIYAVIさんをはじめ、いろいろなロックバンドのライブ映像を観たりして、自分の中のイメージを膨らませて演じました。

──お互いの演技を見て感じたことはありますか?

山本涼介(左)と福山翔大(右)
福山:ライバルでもあり、友だちでもあると言う間柄で言うと、やはりメイクアップされて完成された涼介の姿を見て嫉妬したというのがありましたね。かっこいいなと思いましたから(笑)。お芝居に関しても、海外で経験を積んで、あんなド派手になって帰ってきて。こっちもランボルギーニを運転しているということがあるにせよ、ド派手な登場でしたからね。ドアをガチャっと開けて、サングラスをパッと取った瞬間はちょっとゾワッとくるものがありました。

──山本さんは?

山本:翔大くんは、台本があっても、まるで台本がないような感じで芝居をするというか。その場で感じたものを出してくるというか。だからすごくリアルなお芝居ですし、それこそ本当にその場で生に起きているような感覚でいることができたんです。だから翔大くんと演技をしていると、僕もそれに合わせて芝居することができたし、その場の空気感をカメラで切り取られているような空気を特に感じられたので、とても楽しかったですね。

福山:ありがとうございます(笑)。

──同世代のキャストが多かったと思いますが、楽しかったエピソードなどはありますか?

福山:みんなと焼肉屋に行きました。その時はもちろん映画の話というか、お芝居の話もしたんですけど、僕は何よりも山本涼介自身だったり4人のバンドメンバーたちと打ち解けてからじゃないと、その“嫉妬”も分からなくなるだろうと思いました。だからそういう意味で焼肉を選んで。結構ワイワイと話をしながら、この作品にかけるみんなの気持ちを聞いてみたいなと思ったんです。それはとても楽しかったですね。

山本:あれは楽しかったですね。それと僕がいい感じになったかなと思ったのは、最初に楽器の練習をした時ですね。バンドメンバーの4人で集まってリハーサルをやったんですけど、初めて4人揃った時のリハーサルは楽しかったですね。各々がやってきたことをその場で出すという感じだったんですが、翔大くんは普通に弾けるし、小林亮太くんも器用なのですぐにベースができた。熊谷魁人もドラムをちゃんと叩けるし。そんなメンバーが一気に集まって、一緒にパフォーマンスできるというのは楽しかったですし、ライブ会場で本当に演奏できたのは気持ちよかったですね。

福山:あれはよかったね。
 僕は前回、鮎川誠さんの役を演じた時は、鮎川さんにならなきゃいけないという制約があったので大変だなと思っていたんですが、今回は本当に楽しく演奏することが出来た。せっかくこういう機会で携わったので、ギターもずっと続けて。いつの日かまたステージに立ちたいな、という野望があります(笑)。

──劇中では、二人のJKは表裏一体という存在だったと思います。実際のお二人が似ているなと感じる点はありましたか?

『JK☆ROCK』
(C)2019「JK☆ROCK」ビジネスパートナーズ
福山:僕がなんとなく感じたのは人との距離の取り方ですかね。もちろん涼介の全てを知ってるわけじゃないですが(笑)。でも初対面の時に、あまり壁を作らない方だなと勝手に感じて。僕もできる限り人と壁を作りたくないタイプなんで。そこが似ているなと思った。ただ壁は作りたくないけれども、ここからはちょっと……という、そこの絶妙な距離感が似ているかもなぁと思いました。

山本:それは何か分かります(笑)。僕は翔大くんと話してみて、芝居の考え方なんかは似ているなと思いました。これは感覚的なものなんですが、ここのセリフは違うんじゃないかなとか、ここは言いづらいなと感じるようなポイントが一緒だったなと思うことが多かった気がします。

(2019/04/05)


【関連記事】



福山翔大
ふくやま・しょうだい

1994年11月17日生まれ。福岡県出身。テレビドラマ『みんな!エスパーだよ!』(13年)で俳優デビュー。映画『クローズEXPLODE』(14年)で初映画出演を果たす。その後テレビドラマ、映画、CM、舞台など幅広く活躍の場を広げ、NHK大河ドラマ『おんな城主 直虎』(17年)をはじめ、続々と話題作に出演。主な映画出演作として『土竜の唄 香港狂騒曲』『青空エール』(共に16年)、『ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章』(17年)。主なテレビドラマ出演作として『学校のカイダン』(15年)、『闇金ウシジマくん Season3』2016年)、『わにとかげぎす』(17年)、『99.9-刑事専門弁護士- SEASONII』(18年)などがある。

山本涼介
やまもと・りょうすけ

1995年5月15日生まれ。奈良県出身。2009年に第22回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストファイナリストに選出され、14年にはメンズノンノ専属モデルに決定。テレビドラマ『仮面ライダーゴースト』(15年)で人気に火が付き、モデル活動の他にもテレビドラマや映画など幅広く活躍している。主な映画出演作として『好きっていいなよ。』『神さまの言うとおり』(共に14年)、『旅猫リポート』、『ニート・ニート・ニート』(共に18年)。主なテレビドラマ出演作として『潜入探偵トカゲ』(13年)、「あすなろ三三七拍子」(14年)、「陸王」(17年)、『インベスターZ』(18年)などがある。

MOVIE Collection