ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『FHIT MUSIC♪ 〜倉木麻衣〜』川島海荷インタビュー

恋愛関係のいざこざや友情、大学時代を思い出しながら演じた

『FHIT MUSIC♪ 〜倉木麻衣〜』川島海荷インタビュー
私自身には、男性2人に挟まれて……みたいな経験はなかったけれど(笑)

dTVオリジナルドラマ『FHIT MUSIC♪ 〜倉木麻衣〜』
2019年3月8日 00:00より配信開始(全3話構成)
デビュー20周年イヤーに突入した歌手の倉木麻衣をフィーチャーしたdTVオリジナルドラマ『FHIT MUSIC♪ 〜倉木麻衣〜』。本ドラマは、倉木麻衣の楽曲の歌詞や世界観をもとにシナリオを執筆。主人公が直面する運命の分かれ道を、視聴者が選択しながら進んでいくという新しいドラマだ。

そんな本作の主人公・大学4年生の凪子を演じるのが、女優の川島海荷。芝居だけではなく、歌や情報番組の司会を務めるなど幅広い活躍を見せる川島に、作品の見どころや、自身の運命の分岐点などを聞いた。


──視聴者がストーリーを選択していくという企画に対して、最初どんな印象を持ちましたか?

川島海荷
川島:言葉で聞いたときは「どういうこと?」と理解できなかったのですが、それぞれの選択によって、結末が違うという作り方には、興味を持ちました。

──いろいろな結末があるというのは、演じていて難しいのではないですか?

川島:展開によって凪子の心情は変わるのですが、その違いを同時に撮影することは、とても大変でした。それにプラスして、心の葛藤が選択肢になるのですが、どちらにもとれるようにお芝居をする曖昧な感じはとても難しかったです。音楽にのせて短い時間で物語が展開していくので、私も瞬発力を使って演じたような気がします。

──そのぶん、見ている方は展開が複雑で楽しめますね。

川島:人生ってうまくいかないことが多いので、王道系のドラマと思わせておきながら、まったく予想しない展開になるというのは面白いと思います。

──役へのアプローチ方法は作品によって違いますか?

川島海荷
川島:そうですね。共感できる部分を探しながら演じるというやり方もありますが、私は結構自分のなかにいれちゃうタイプです。今回の凪子は大学生の役。フワフワしていて楽しい雰囲気は大学生ならではだし、私も大学に通っていたので、その部分で共感はできました。まあ、私の大学時代は、男性2人に挟まれて……みたいな経験はなかったですけれど(笑)。

──物語はフローチャートのように枝分かれしていきます。川島さんはもし自分だったら、結構すんなり進んでいけますか?

川島:脚本が秀逸で、裏をかかれる展開が結構ありますよね。その意味で、自分の思い通りになるかは別として、結構すんなり進めていける気がします。ただ進む道によっては衝撃的な展開もあるので、観ている側は最後まで楽しめると思います。

──桜田通さんら共演者との撮影はいかがでしたか?

川島海荷
川島:役者さん同士、年齢は微妙に違ったのですが、みなさんとてもフラットにお話ができました。物語の最初から、すでに仲良しという設定だったので、本読みや衣装合わせの段階から、仲良くできたらいいなというスタンスではいました。みなさん、そこまで積極的に話をする人たちではなかったのですが、最初の撮影が、みんなで鍋を囲むシーンだったので、そこで一気に距離が縮まりました。鍋の力ってすごいなと感じました。

──学生時代を思い出したりしましたか?

川島:大学生って恋愛でのいざこざや、それに派生する友情関係など、いろいろあるじゃないですか。友達の相談に乗ったりしていたことがあるので、そういうことを思い出しました。

──倉木麻衣さんの楽曲がモチーフになっていますが、川島さんにとって倉木さんの曲はどんな思い出が?

川島:意識していなくても曲を耳にしていたので、すごく懐かしいなと感じました。とても長く活躍されているアーティストで、いろいろな世代に刺さる曲がたくさんあるのはすごいなと改めて感じました。

──曲とコラボしてドラマが展開する本作は、面白いですよね。

川島:私自身、ドラマ調のミュージックビデオが大好きなので、こうした構成の物語は知的好奇心をくすぐられました。作品に参加できることにワクワクしましたし、倉木さんの曲の世界観のなかに私がいられることが、とても光栄だと思いました。

(2019/03/06)


【関連記事】



川島海荷
かわしま・うみか

1994年3月3日生まれ、埼玉県出身。『誰よりもママを愛す』(06年)でドラマ初出演を果たすと、翌年『Life 天国で君に逢えたら』でスクリーンデビュー。同年、アイドルグループ「9nine」での活動も開始。2009年には『携帯彼氏』で映画初主演、2010年には主演映画『私の優しくない先輩』の主題歌「MajiでKoiする5秒前」でソロ歌手としてもデビューを果たす。2016年より日本テレビ系情報番組『ZIP!』の総合司会に就任するなど、幅広いジャンルで活躍している。

MOVIE Collection