ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『あなたは帰ってこない』メラニー・ティエリー インタビュー

フランス文学の巨星、「愛人/ラマン」原作者デュラスの若き日の苦悩演じる

『あなたは帰ってこない』メラニー・ティエリー インタビュー
ノーメイクでの演技は怖いどころか、むしろ心地よかった

『あなたはまだ帰ってこない』
2019年2月22日より全国順次公開
「愛人/ラマン」で知られる20世紀最大の女流作家、マルグリット・デュラスは第二次世界大戦時、レジスタンス活動に従事していた夫をゲシュタポに連れ去られる経験をした。ナチス占領下のパリで生死もわからない夫の帰りを待ち続け、消息を求めて親ナチスのヴィシー政権の手先の男からの誘惑、彼女を支える愛人との関係に煩悶した日々を綴った自伝的小説「苦悩」を映画化した『あなたはまだ帰ってこない』に主演し、昨年フランス映画祭2018で来日したメラニー・ティエリーに話を聞いた。


──ナチス占領下のフランスの空気が生々しく伝わってくる作品でした。

メラニー:この時代を題材にした映画はたくさんあります。それこそ数えきれないくらいの切り口で物語を作れる題材です。

──映画は、デュラスという作家になる以前の、マルグリットという女性についての物語でもあります。とはいえ、デュラスはフランス文学の巨星。演じるにはプレッシャーも大きかったはずですが、それでもやりたいと思った理由は?

メラニー・ティエリー
メラニー:確かにこの物語で描かれる時代には、大作家のデュラスはまだ存在していませんでした。だから私自身、偉大なマルグリット・デュラスではなく、1人の女性を演じるという気持ちで臨みました。ある種のエゴと罪悪感を抱えて苦悩しながら、待つ女性です。
 とはいえ、ヒロインのマルグリットは同時にデュラスでもあると思っています。原作「苦悩」の主人公は彼女自身。でも、ノンフィクションではない。1940年代当時の日記をそのまま使っているというけれど、そうでないことは完成された文体を読めば一目瞭然です。ただ、情熱的な若き日の自分の思いを、作家として成熟した文章で綴ったこの小説は本当に美しい作品です。

──劇中、マルグリットのドッペルゲンガーが現れる場面があります。これは原作にはない脚色ですね。

メラニー:夫の生還を知ったとき、原作でのマルグリットは激しく動揺し、床に倒れながら絶叫し、嘔吐し……と、かなりドラマティックに悲劇の女王っぽく描かれています。でも、エマニュエル・フィンケル監督は『本当にそうだったのか? と疑問に思った』と話してくれました。大きな悲しみに襲われて号泣しているとき、そんな様子を見ているもう1人の自分がいる感覚ってあるでしょう? 私、なんでこんなに泣いているんだろう?と思うような。激怒した時もそうです。特にフランス人はね(笑)。でも、自分を客観視しながらも怒りや悲しみを抑えようとは思わない。2人のマルグリットがいる場面は、1人は若き日の彼女であり、もう1人は作家デュラスが当時を見つめ直しているのを表している。私はそう思っています。

──劇中、マルグリットはほとんど化粧をしていません。ノーメイクで、しかもクローズアップが多いと、女優として不安を感じたりしませんか?

『あなたはまだ帰ってこない』
メラニー:いいえ、むしろ逆です。エマニュエルとはこれが2度目の仕事だったので、彼の映画ではメイクをほとんどしないことは知っていました。だから怖くなかった、というより、むしろ心地良かったです。肌が生きている感覚がするんです。大げさにしなくても繊細な表現をカメラがとらえてくれるし、表情に純粋さが宿りますから。

──本作はフィンケル監督にとって、個人的な主題でもあると聞きました。

メラニー:監督はアシュケナージ(東ヨーロッパに定住していたユダヤ人)です。1942年に監督のお父様は家族全員で強制収容所に送られ、彼だけが生き残りました。それでもお父様は生涯、家族が戻ってくるのを待ち続けていたそうです。エマニュエルにとっての父親像は“待っている人”という一面があり、だからこそ彼は「苦悩」を映画化したかったんです。これは彼の父親の物語でもあるんです。

(2019/02/21)


【関連記事】



メラニー・ティエリー
Mélanie Thierry

1981年生まれ、パリ近郊のブローニュ=ビヤンクール出身。幼少よりモデルとして活動を始め、イタリア版「VOGUE」誌などファッション雑誌で活躍。エルメスやイヴ・サンローランの広告に出演し、TVや映画にも女優として出演。1999年、イタリアのジュゼッペ・トルナトーレ監督(『ニュー・シネマ・パラダイス』)の『海の上のピアニスト』で注目を浴びる。『インストーラー』(07年)などを経て、マチュー・カソヴィッツ監督の『バビロンA.D.』(08年)でヴィン・ディーゼルと共演し、ハリウッドに進出し、テリー・ギリアム監督の『ゼロの未来』(13年)にも出演。『ザ・ダンサー』(16年)でセザール賞助演女優賞候補となり、『あなたはまだ帰ってこない』で同主演女優賞にノミネートされている。

MOVIE Collection