ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『赤い雪 RedSnow』永瀬正敏×菜葉菜インタビュー

「共感できないから、演じてみたいと思う」

『赤い雪 RedSnow』永瀬正敏×菜葉菜インタビュー
これはがっつり監督に染めてほしいと思った(永瀬正敏)

『赤い雪 Red Snow』
2019年2月1日より全国公開中
(C)2019「赤い雪」製作委員会
雪深い小さな町で、ある日突然小さな男の子が姿を消した。30年経ち、自分のせいで弟を見失ったという罪悪感に苦しみ続ける一希と、当時少年誘拐の犯人と疑われた女の娘・早百合。被害者の兄と容疑者の娘、それぞれが抱く“記憶”というものの曖昧さを鍵に、人間の儚さ、残酷さに迫る『赤い雪 RedSnow』。これが長編映画第1作となる甲斐さやか監督に惚れ込み、主演を務めた永瀬正敏、壮絶な人生を強いられた早百合を熱演した菜葉菜に話を聞いた。


──『赤い雪』は女性監督のデビュー作で、しかもオリジナル脚本です。出演オファーが来たとき、どう思われましたか?

永瀬:すごい脚本だと思いました。そこに身を置かせてもらえるんだったら、身を置きたいなと思える脚本だったんです。

菜葉菜:私も「こんなの読んだことない」というぐらいの衝撃と重厚感を感じました。あとは甲斐さやか監督ってどんな人なの?って。頭の中をのぞきたくなるような、私もそこに身を置きたいと思いましたし、こういう作品に出たいと思う内容だったので、びっくりしました。

──この映画は説明をほとんど省いていて、その潔さに驚きました。脚本もそういう書き方でしたか?

『赤い雪 Red Snow』
(C)2019「赤い雪」製作委員会
永瀬:そうです。基本はそうだと思います。

──ある種の余白が多い分、役者の方々が作っていくところが多かったのではないですか?

永瀬:僕の印象は、役者の方々がそれぞれものすごくきっちり考えて作っていらっしゃったというものです。脚本から僕が想像していたよりも、はるかに良くて。皆さんやっぱり素晴らしいと思いました。僕に関しては、本当に監督に興味があったんです。お話を聞いてるうちに、これはがっつり監督に染めてほしいと思ったので、あんま考えないようにしたんですよね、現場で菜葉菜さんはじめ、共演者の皆さんとやりながら、監督に作ってもらったほうがいいかなっていうふうに思っていました。

──菜葉菜さんは、監督と撮影前にかなりディスカッションされたそうですね。

インタビュー中の菜葉菜(左)と瀬正敏(右)
菜葉菜:早百合の背景や生い立ちとか、監督といろいろ話し合いました。虐待を受けてきて育った人たちについての資料を読んだり、自分で調べてみたり、ちょっとずつ監督と共有して、早百合を深めて作っていった感じはあります。

永瀬:舞踏とか……。

菜葉菜:そうでした。永瀬さん、ありがとうございます。

永瀬:いえいえ。

菜葉菜:監督に「菜葉菜さんに足りないものがあると思う。それを身に付けたら、きっとすごくいいお芝居になると思うし、やってほしい」と言われたのが舞踏だったんです。何ヵ月間か習いました。

永瀬:踊るシーンはないのにね。

菜葉菜:そう。踊るシーンはないんですけど。でも、舞踏って、例えば「じゃあ石になって」とか「燃えてみて」と言われて、それを自分で生み出すものなんです。心と体がつま先から頭の先までつながっている。だからきっとお芝居でも、心と体が一連になって自然に動ける、心と体が直結してる感じを無限に表現できるようにというか、芝居に通じると思うこともすごくたくさんあったので。見せることも考えつつ、何者でもないみたいな。自分で気持ちよくなり過ぎても駄目だし、それを見てる人のことも考えつつ。すごく難しかったんですけど、すごく発見になりました。

──甲斐監督はどういう演出をされるのでしょうか?

永瀬:技術的なことよりは、気持ち的なことを話される方だったと思います。共演者の皆さんで立ち話を普通にしながら、そのシーンのことについて話してらっしゃった印象がすごくあります。改めて「打ち合わせしましょう」ではなくて、リハーサルしながらということでもなくて、時間を見つけて話をされてる印象があります。菜葉菜さんは前々からディープに話されてるとは思うんですけど、僕はそんな印象がすごくあります。

菜葉菜:クランクイン前に監督とお話しして、自分の中では「甲斐さんと一心同体で撮影に臨むぞ」みたいな気持ちでしたが、撮影が始まると、なぜか自分の中で孤独感みたいなものを勝手に感じて。「甲斐さん信じられない」みたいな気持ちになったときがあって。インして2〜3日だったと思うんですけど、それでお話しました。全て解消されたわけではないんですけど、ちょっとほっとできた部分もあって。でも、やっぱり撮影始まると……。役のせいもあったのかもしれないです。スタッフさん、監督、みんなを「敵」までいかないけど、何か信じられないようになっていた時期が最初にありました。終わってみると、勝手に自分でもがいて、ひねくれて、勝手にすさんで、それをスタッフさん、監督、共演者の方々みんなに支えられていたんだとわかって。そんな自分が本当に未熟だなと思いました。

永瀬:いやいや。演者としては、その気持ちがすごく分かるので、僕はそこは味方でいようと現場では思っていました。ちょっとふざけたりとかして。しょせん演者はカメラの前に立つと、お付きの人を何百人も連れていたとしても孤独です。カメラの前に立てば1人だから、その気持ちは、役者チームはすごくよく分かるので。ただ、頭の中で考えた芝居でやれる役ではないから、敢えて追い込んでいったところもあるかもしれないです。尋常な精神状態で、あの役はできないから。
 僕の経験上、こういう時期を過ごすのは大事なんだけど、出来上がりを見ると残念な場合があるんです。ちょっと心に余裕があると、いろいろ見えて、「こっち行ってもいいんだ」と分かると、結構楽になったりする。それも後々気付くんだけど、僕も。なので、みんな演者は仲間だから、ちょっとでも笑顔が見たいときは、ふざけていたりとかして。邪魔しちゃったと思いますけど。

菜葉菜:全然! 全然、邪魔じゃないです。

(2019/02/01)


【関連記事】



永瀬正敏
ながせ・まさとし

1966年生まれ、宮崎県出身。1983年、全国オーディションで受かった『ションベンライダー』でデビュー。映画を中心に活動を続け、1989年に『ミステリー・トレイン』に主演。『息子』(91年)で日本アカデミー賞、ブルーリボン賞など助演男優賞を受賞。巨匠から新人監督の作品まで、演じる役の大きさにこだわらず幅広く出演、台湾映画『KANO 1931 海の向こうの甲子園』(14年)やジム・ジャームッシュ監督と再び組んだ『パターソン』(16年)、韓国映画『蝶の眠り』(18年)など海外でも活躍。昨年はジュリエット・ビノシュ主演の『Vision』、『パンク侍、斬られて候』などに出演。今年の12月に『カツベン!(仮)』が公開予定。

菜葉菜
なはな

東京都出身。05年に主演映画『YUMENO』で本格的に女優デビューし、モントリオール国際映画祭をはじめ各国の国際映画祭にて上映され注目を集める。以後、映画を中心に活躍、『どんづまり便器』(11年)でゆうばり国際ファンタスティック映画祭最優秀主演女優賞を獲得。主な出演作品は『夢の中へ』(05年)、『ハッピーエンド』『孤高のメス』『ヘヴンズストーリー』、(3作品全て10年)、『百合子、ダスヴィダーニヤ』(12年)、『おしん』『ゲノムハザード』『ヨコハマ物語』(3作品全て13年)、『後妻業の女』『64-ロクヨン-』(共に16年)、『ラストレシピ〜麒麟の舌の記憶〜 』『追憶』(共に17年)、『モルエラニの霧の中』(18年)、『雪子さんの足音』『君がまた走り出すとき』(共に19年)など。

MOVIE Collection