ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『十年 Ten Years Japan』津野愛監督×杉咲花インタビュー

是枝監督が認めた気鋭監督&若手女優が語る映画作りの喜び

『十年 Ten Years Japan』津野愛監督×杉咲花インタビュー
是枝裕和監督が杉咲花を「とても魅力的、もっと見ていたい」(監督)

『十年 Ten Years Japan』/『DATA』
2018年11月3日より全国順次公開
(C)2018 “Ten Years Japan” Film Partners
5人の若手新鋭監督たちが10年後の香港を描き、 社会現象となった香港の短編オムニバス作品『十年』を出発点に、日本、タイ、台湾それぞれの気鋭の監督たちが、独自の視点で10年後の社会、人間を描き出す国際共同プロジェクトが始動。是枝裕和監督が監修した日本版『十年 Ten Years Japan』には、早川千絵、木下雄介、津野愛、藤村明世、石川慶といった気鋭の映画監督たちが参加した。

その中の一編となる杉咲花主演作『DATA』は、母の生前のデータが入った「デジタル遺産」を手に入れた女子高生の記録と記憶を巡る物語となる。そこで今回は、津野愛監督、杉咲花に本作の裏側について話を聞いた。


──10年後の日本を、是枝裕和監督監修で描くという本作ですが、この作品のオファーを受けた時はどうでしたか?

津野愛監督(左)と杉咲花(右)
杉咲:わたしはいつか是枝監督の作品に携わりたいという夢があったので、今回は総合監修という形ですが、作品に携わらせていただける喜びは大きかったです。

──監督は、是枝監督らが立ち上げた制作者集団・分福に所属されています。この企画に参加すると決まった時はどのようなお気持ちだったのでしょうか?

監督:若手監督がオリジナルの企画で脚本を書かせていただき、映画作りに参加できるということはとても魅力的な企画だと思いました。

──今回参加した5人の映画監督のうち、分福からはひとりだけ参加ということで、逆の意味でのプレッシャーはなかったですか?

監督:確かに(笑)。でもうれしさの方が強かったので。まわりの分福のメンバーも応援してくれましたし。プレッシャーというよりは、頑張りたいという思いの方が強かったですね。

──この映画では、ラーメンを食べるシーンが印象的でしたが、食べながらお芝居をするのは大変だったのでは?

津野愛監督(左)と杉咲花(右)
杉咲:本当にそうなんです。撮影でも、食べながらセリフを言うシーンはけっこう多くて、苦手だったのですが、いつの日からか苦手意識はなくなってきました。撮影の時は、目の前でラーメンを作ってくださり、そのラーメンがとにかく美味しかったんですよ。だから完成した映画を見た後も食べたくなってしまい、その後、母とラーメンを食べに行ってしまいました(笑)。

監督:ラーメンが食べたくなって、食べに行っちゃったと聞くと、なんだかうれしいですね(笑)。美味しそうに撮れていてよかったなぁ、と。

──『DATA』という作品に出演するにあたり、考えたことはありますか?

杉咲:舞花はお母さんのことを知りたくて、データをどんどん自分で探していこうとする女の子です。わたしは舞花の気持ちで台本を読んで、この役をどうやって演じようかということを考えました。

──家族であっても、自分の家族のことは案外知らないものですが、そういったテーマを描き出したこの物語に共感する部分はありますか?

杉咲花
杉咲:私も同じ立場だったら調べたくなってしまうだろうなと思います。そこにあるからこそ、気になってしまうと思うんです。なければそういう考えにはならないんだと思います。今は調べればすぐに情報が出てくる便利な時代ですが、それがなかったら、今の行動のひとつひとつがちょっとずつ変わってきたんじゃないかなと。そんな風に考えさせられました。

──このお話には、どんな思いを込めましたか?

監督:これは「記録と記憶」の話なんですけど、私たちは日々SNSなど、様々なデジタル情報を残して暮らしていますよね。その中には自分でも気付かないうちに残っているようなGPS情報などもあったり……。10年後にはきっと、個人の詳細なデータが今よりも増えていくんだろうなと思ったんです。そういった時、形として残らないものの存在が見落とされてしまうんじゃないかと思って。そのようなものを身近に感じて描きました。

──監修で参加した是枝さんは、脚本や編集にいろいろとアドバイスを送ったと聞きました。なんとおっしゃっていましたか?

監督:まず杉咲さんがとても魅力的で。もっと見ていたいとおっしゃっていました。

杉咲:本当ですか、うれしいです。

監督:杉咲さんに主演を演じていただけて、本当に幸せでした。

杉咲:いえいえ、こちらこそです。

監督:実は舞花という役は、もともとは14歳の設定だったんです。でも杉咲さんと初めてお会いしてみて、杉咲さんは、質問に対して、自分の中でじっくりと考えて、言葉を選んでから話す方なんだなと思って。わたしが最初に考えていた、14歳の舞花は、頭に浮かんだことをすぐにワッと言うようなキャラクターだったんですけども、杉咲さんの、自分の中で言葉を探しているような、悩んでいるような姿を、舞花のキャラクターに生かしたいなと。もう少し感情を抑えた役にしたら、これはきっと素敵だろうなと思って。年齢の設定を上げたんです。

杉咲:高校生になりましたね。

監督:そうです。高校生を演じていただきましたね。

──監督的に、杉咲さんにこういう風に演じてほしいといったことはあったんですか?

監督:いえ。最初からすごく脚本を読み込んでいただけて。最初のシーンを撮った時から、わたしは感動していました。本当にここに舞花がいると思ったんです。自分で脚本を書いてみて、脚本の中では舞花は存在していたんですけど、現実に杉咲さんに演じていただいたことで、本当に舞花がここに立っているんだ、という感動を覚えました。

杉咲:ホッとしました。ありがとうございます。

(2018/11/02)


【関連記事】



津野愛
つの・めぐみ

1987年7月14日生まれ。日本大学芸術学部映画学科卒業。2014年から分福にて活動中。TBSのテレビ番組『きょうの、あきない』、高橋優のMV『さくらのうた』(16年)、そして是枝裕和監督『三度目の殺人』(17年)のメイキング映像などを手がけている。

杉咲花
すぎさき・はな

1997年10月2日、東京都出身。『湯を沸かすほどの熱い愛』(16年)で第40回日本アカデミー賞最優秀助演女優賞を受賞するなど数多くの映画賞を受賞。映画『トイレのピエタ』(15年)、『無限の住人』(17年)、『メアリと魔女の花』(声優/17年)、NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』(16年)など、映画・ドラマ・CMに多数出演。2019年には大河ドラマ『いだてん〜東京オリムピック噺〜』の放送が控えている。

MOVIE Collection