ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『私の人生なのに』知英インタビュー

気がつけばカメレオン女優! 難役に挑戦で更なる新境地を開拓

『私の人生なのに』知英インタビュー
仲良くなるのに時間が掛かる知英が現場で心がけていることは?

主人公・瑞穂は将来を嘱望されていた新体操選手だったが…
『私の人生なのに』
2018年7月14日より全国公開
近年、個性的な役柄に挑み、女優としての存在感を強めている知英。最新作『私の人生なのに』では、将来を嘱望されていた新体操選手だったものの、脊髄梗塞という病気によって、半身不随になってしまった女性・瑞穂という難役に挑んだ。

映画『レオン』では、男女が入れ替わってしまうOL、ドラマ『オーファン・ブラック〜七つの遺伝子〜』では、1人7役に扮するなど、一筋縄ではいかない役柄に挑戦し続ける知英に、役柄へのアプローチ方法や、パーソナルな話を聞いた。


──台本を読んで瑞穂という役についてどうお考えになりましたか?

知英:新体操に歌、ギター、そして車いすなど、やることが盛りだくさんだったのでとても不安でした。そのうえ、内容的にもとても重い話だと思ったので、かなり構えていました。

──準備には時間を要したのでしょうか?

インタビュー中の知英
知英:結構、前からお話はあったのですが、スケジュールの変更などがあり、実際は1ヵ月ぐらいしか準備の時間がありませんでした。そのなかで新体操の練習や、リハビリを見学したり、車いすの動きを学んだり、ギターを練習したりと、目まぐるしい時間でした。

──内面的なアプローチ方法は?

知英:難しかったのは、瑞穂が突然、脊髄梗塞という病気になってしまうところです。そこから180度生活が変わってしまうので、心の変化をどう表現するのかが課題だと思っていました。でも実際やってみないと分からないところがあったので、現場に入ってから対峙する方と共に作っていった部分も多かったです。

──落合モトキさんや稲葉友さんとの共演はいかがでしたか?

知英:モトキさんと稲葉さんは、役柄的にはまったく違う立場だったので、自然と接し方は違ってきました。でも面白かったのは、お芝居以外で本人たちと話をしていても、役柄と似ているなと感じたんです。みなさん自分を投影させている感じがしたので、私も自分を出しました。

──稲葉さんとは幼なじみという役柄でしたが、本当に「なんでも言い合える間柄」という雰囲気が出ていました。

知英
知英:クランクイン前に何度か歌の練習を一緒にしたのですが、そのときは少しまだ距離がありました。でも撮影が始まると距離は自然と詰まっていきました。

──知英さんは現場でもすごくオープンマインドだと共演者が話されていましたが、積極的にコミュニケーションをとる方なのですか?

知英:元々明るい方だと思いますが、誰にでも積極的に話せるというわけではなく、仲良くなるのには時間が掛かるタイプです。でも映画やドラマって、決められた時間のなかで関係性を築かなくてはいけないじゃないですか。家族や恋人のような役柄の場合、壁を作っていたら芝居にも影響すると思うのです。だから、なるべくどんな話でもいいから目を合わせてコミュニケーションをとろうと心掛けています。

──原桂之介監督とは『全員、片想い』でも組み今回が二度目ですが、いかがでしたか?

知英:一度ご一緒した監督とまたやれるというのはすごく嬉しいことです。前回よりも、もっと息があったと思います。今回、日本人の役だったのですが、原監督は「お芝居が良ければイントネーションなどは気にしないでいい」とおっしゃってくださったので、瑞穂の気持ちに集中することができました。

(2018/07/11)


【関連記事】



知英
じよん

1994年1月18日生まれ、韓国出身。2008年にアイドルグループ「KARA」に加入し同年7月に歌手デビュー。14年に契約満了につきグループを脱退すると、日本を中心に女優活動を開始。同年10月から連続ドラマ『地獄先生ぬ〜べ〜』にゆきめ役で出演し、その後もドラマ『民王』(15年)や、映画『暗殺教室』(15〜16年)などに出演。17年には映画『レオン』で竹谷佳直人と身体が入れ替わってしまう役柄、ドラマ『オーファン・ブラック〜七つの遺伝子〜』では1人7役を演じるなど、精力的に女優業を行っている。また16年には出演したドラマ『ヒガンバナ〜警視庁捜査七課〜』の主題歌を担当し、歌手活動も「JY」名義で再開した。

MOVIE Collection