ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『エヴァ』ギャスパー・ウリエル インタビュー

イケメン過ぎる実力派俳優が語る、美魔女ユペールの怖さ

『エヴァ』ギャスパー・ウリエル インタビュー
憧れの女優との共演は刺激的だけど、同時にとても怖い

『エヴァ』
2018年7月7日より全国公開
(C)2017 MACASSAR PRODUCTIONS - EUROPACORP – ARTE France CINEMA - NJJ ENTERTAINMENT - SCOPE PICTURES
恐るべき悪女キャラが炸裂した『エル ELLE』で、64歳とは思えないセクシー美魔女ぶりを披露したイザベル・ユペール。彼女が、再び悪女キャラに挑んだ『エヴァ』が、7月7日より公開される。

今回、ユペールの官能と誘惑に狂わされる男を演じたのはギャスパー・ウリエル。演技力に加えてイケメンぶりでも人気のウリエルに、本作について、そして大先輩であるユペールの魅力について語ってもらった。


──本作は、20世紀のベストセラー作家、ハドリー・チェイスの衝撃作「悪女イヴ」を映画化した作品です。原作はジャンヌ・モロー主演『エヴァの匂い』として映画化されたこともあり、監督は『肉体の学校』や『発禁本 SADE』などのブノワ・ジャコー。女優の魅力を引き出すことに定評のある監督です。ジャコー監督とはもともとお知り合いだったのですか? どのようにオファーがあったのでしょうか?

ウリエル:出会いのきっかけは、ドーヴィルのアジア映画祭なんだ。ブノワ(・ジャコー)が審査委員長で僕が審査員だったんだけど、すぐに意気投合した。そのあとユニフランスの視察旅行で、いっしょにニューヨークに行った。ブノワは「今度、いっしょに仕事をしよう」って言ってくれた。僕が彼の作品の大ファンであることも覚えていてくれてた。
 ブノワと一緒に仕事をすることは、じっくりと腰を据えてお互いを見つめあうということだった。彼は映画製作者として、女優たちを輝かせることに余念が無い。彼の映画では、いつでも女性たちが原動力なんだ。だから僕は思った。「たった一度でも、男性をストーリーの原動力にしてみせよう」ってね。

──本作で初めてブノワ・ジャコー監督とお仕事したわけですが、いかがでしたか?

『エヴァ』
(C)2017 MACASSAR PRODUCTIONS - EUROPACORP – ARTE France CINEMA - NJJ ENTERTAINMENT - SCOPE PICTURES
ウリエル:彼はよく話を聞いてくれる。そして仕事が非常に早くて、最初は少々びっくりする。テイク数がとても少ないんだ。でもその方法を一旦受け入れたら、やりやすくなるんだよ。プロデューサーの家で食事をした際に、映画の話はせずともイザベルとの相性を見られていた。彼は洗練されたやり方で物事を采配するんだ。雰囲気を作ることにも長けていて、役者たちを上手に誘うんだよ。

──本作であなたは、盗作戯曲で成功を掴んだ作家ベルトランを演じています。一方、相手役のイザベル・ユペールは、謎めいた娼婦エヴァを演じています。2人の関係について何を感じましたか?

ウリエル:「エヴァとは一体何者なのか?」という問いには誰も答えられない。だからこそ魅力的な人物なんだ。彼女は二面性を持っている。ベルトランを演じる中で僕が関心を持ったのは、ベルトランをできるだけエヴァに近づけることだった。2人は多くの面で似ていることに僕らは気づいた。2人の詐欺師が、自分の幻想の物語を互いに紡ぎ合うんだ。

──では、イザベル・ユペールと共演した感想は? 彼女とはリティ・パニュ監督の『THE SEA WALL』(未・08年)以来、2度目の共演になりますね。

『エヴァ』
(C)2017 MACASSAR PRODUCTIONS - EUROPACORP – ARTE France CINEMA - NJJ ENTERTAINMENT - SCOPE PICTURES
ウリエル:イザベルと正面から向き合うのは何か怖い感じがする。憧れの俳優と共演することは、ある種の厳しさがあるよね。刺激的だけど、同時にとても怖いことでもある。そしてその恐怖からくる動揺がかえって原動力になったりするんだ。イザベルは、極めて熟練していて、他に類を見ない正確さがあり、同時に真の自由さを備えている。

──本作では、あなたの新たな魅力が堪能できますが、どのように役柄にアプローチするのですか?

ウリエル:新しい役柄を演じる時は、それまでの役を引きずらない。さもないと繰り返しになってしまう。新たな経験に新たな気持ちで挑むだけ。それが刺激的だし、興奮するね。

(2018/07/05)


【関連記事】



ギャスパー・ウリエル
Gaspard Ulliel

1984年11月25日生まれ、パリ郊外ブローニュ=ビヤンクール出身。12歳からテレビを中心に俳優として活動。01年『ジェヴォーダンの獣』で本格的な映画デビュー。『かげろう』(04年)でエマニュエル・ベアールの相手役を演じ注目を集める。オドレイ・トトゥと共演した『ロング・エンゲージメント』(05年)でセザール賞有望男優賞を受賞、『ハンニバル・ライジング』(07年)ではアンソニー・ホプキンスが演じたハンニバル・レクターの若き日を演じ世界的注目を集める。その他、『サンローラン』(15年)、『たかが世界の終わり』(17年)などに出演。

MOVIE Collection