ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『ルームロンダリング』伊藤健太郎インタビュー

熱い気持ちで主役を支える! ひっぱりだこの人気若手が映画愛語る

『ルームロンダリング』伊藤健太郎インタビュー
映画、そして池田エライザさんを支えるという熱い気持ちで現場に入った

『ルームロンダリング』
2018年7月7日より全国公開
(C)2018『ルームロンダリング』製作委員会
いわくつきの物件に住み込んで事故の履歴を帳消しにし、次の住人を迎えるまでにクリーンな空き部屋へと浄化(ロンダリング)する奇抜な職業 “ルームロンダリング”をテーマとしたコメディー映画『ルームロンダリング』が7月7日より公開される。

幽霊の姿が見えてしまい、彼らからお悩み相談をされてしまうちょっぴり不思議系のヒロイン・御子を演じるのは池田エライザ。過去にとらわれ、自分の殻に引きこもりがちなこじらせ女子を好演している。そして共演は映画、ドラマと幅広く活躍する伊藤健太郎。隣の部屋で起きた殺人事件を防ぐことができなかったことに悩む青年・亜樹人を演じ、新たな一面を披露している。そこで今回は健太郎に、本作撮影の裏側、映画への思いなどを聞いた。


──主演作『デメキン』ではケンカやバイクに明け暮れる高校生を演じていたかと思えば、本作では過去に悔いを残すオタク系男子を演じるなど、健太郎さんの役柄の振り幅が広いなと感じているのですが、作品選びで心がけていることはありますか?

伊藤健太郎
健太郎:作品選びに関してはマネージャーさんにお任せしています。その時にやるべきものを考えてくれているので、僕は、頂いたものをすべてやるという感じです。いろいろなタイプの作品や役をやらせていただいているので、すごく楽しいですし、今の状態はすごくしあわせです。もちろん極道ならこの人、ヤンキーならこの人、オタクならこの人といった具合に、そういう需要がある役者さんはすばらしいし、ひとつの役を極めるのはすごいことだと思いますが、今は沢山のことに挑戦して役の幅や厚みを付けなければいけないし、いろいろなことに興味を持ってしまう性格なので、これからも沢山の役をやっていけたらなと思います。

──こういう人になりたい、というような憧れの俳優はいますか?

健太郎:こういう人になりたいというのではないのですが、自分がすごく素晴らしいなと思っている俳優さんは、ハビエル・バルデムさんです。彼は目のお芝居がすばらしいんです。僕もそういう目を武器にできる役者になれたらと思っています。それに、(ハビエル・バルデムがアカデミー賞助演男優賞を受賞した)『ノーカントリー』という映画を見た後に、『それでも恋するバルセロナ』を見たのですが、同じ人だとは思わなかった。『007/スカイフォール』に出ていた時も全然違いましたよね。そういう役によって同じ人だと気づかれないような役者さんになりたいなと思っています。

伊藤健太郎
──この作品は、崔洋一監督、廣木隆一監督らの下で助監督を務めてきた片桐健滋さんの長編映画監督デビュー作となりますが、監督とは別の作品でお会いしたことがあったそうですね。

健太郎:そうなんです。別の作品のオーディションに行った時、監督は助監督で入っていましたが、そこに片桐監督がいたことは覚えていませんでした。その作品は落ちたのですが、その時に片桐監督は僕のことをすごくいいと思ってくださって。今回、ご縁があってご一緒できて。すごくうれしかったです。

──この作品は映画企画を募集する「TSUTAYA CREATORS' PROGRAM FILM2015」の準グランプリに選ばれた作品ですが、原作ものではないオリジナル企画ということはどうでしたか?

健太郎:最近はオリジナル作品が少ないので、すごくうれしかったです。もともと監督が作り上げたものなので、自分たちがやりたいようにやれる環境があったので。それはすごく楽しかったです。

──オリジナルだからこそここをふくらませたとか、役作りの上で作り上げたところは?

健太郎:衣装合わせから、監督やスタッフさんと相談しながら作り上げました。眼鏡も亜樹人らしいものを選びましたし、シャツは片方は出して、片方は入れてということを衣装さんがこだわっていたり。そういう見た目の部分からもいろいろとやれますし、そういうことを考えるのは面白かったです。

──本作はキャストの人数がそれほど多くはないですが、待ち時間はお話をされたりしていたんですか?
『ルームロンダリング』
(C)2018『ルームロンダリング』製作委員会

健太郎:話をすることもありましたが、みんなそれぞれのことをやっていたという感じです。本を読んでいる方がいたり音楽を聴いている方がいたり。でも話をしていないからといって、距離が遠いというわけではなく。みんなマイペース。ほんわかとした感じで、それが『ルームロンダリング』らしい現場の雰囲気だったかなと思います。

──今回の亜樹人という役は、主演の池田さんをサポートをする役回りとなります。もちろん健太郎さんは主演もやられていますし、両方の立場を知っている方だと思うんですが、そういった点で現場で心がけたことはありますか?

健太郎:自分が主演をやった時に、他のキャストの皆さんがすごく熱い気持ちで来てくれたんです。みんなが熱を込めて僕を担ごうと。なんなら、自分が主演だ、くらいの熱い気持ちでぶつかってきてくれたのが、主演をやっていた僕はすごくうれしかったです。それまで自分ではやっているつもりだったのに、ぬるいと言われることがよくあって。でも、確かに自分はあの熱を持てていなかったと気づかされました。池田さんがどう思うか分からないですが、そういう気持ちが作品に対して裏目に出ることは絶対にないと思うので、『ルームロンダリング』、そして池田エライザさんを支えるという気持ちで入ろうと。それは『デメキン』をやってから意識していることです。

──そういう意味で、池田さんを現場で見ていてどういう風に見ていました?

健太郎:ずっと役のままでいらっしゃったと感じました。だから(劇中で)亜樹人と御子ちゃんの距離が近づけば近づくほど、撮影以外でも僕らの話す回数が増えていったのが不思議というか、面白かったです。それぞれ皆さんが自分のことをやられたり、ということもあったので、ずっとお話をするのもあれかなと思っていたのですが、御子ちゃんに亜樹人が話しかけているシーンを撮ってからは、何だか話しかけやすくなったような気がして。そういう不思議な関係性で撮影は進んでいきました。

──健太郎さんはドラマにも映画にも多数出演されていますが、健太郎さんにとって映画の現場とはどんな感じですか?

健太郎:作品を作るチームという意味では、大きな変わりはないと思うのですが、映画は撮影期間が短いということもあるので、早い段階でみんなと一緒に作っている感覚が強くなる気がします。家族的というような一体感があるところがすごく好きですし。映画を撮っている時の雰囲気もすごく好きです。

(2018/07/02)


【関連記事】



伊藤健太郎
いとう・けんたろう

1997年6月30日生まれ、東京都出身。モデルを経て、ドラマ『昼顔〜平日午後3時の恋人たち〜』(14年)で俳優デビュー。以降、「学校のカイダン」(15年)、『私 結婚できないんじゃなくて、しないんです』(15年)、『仰げば尊し』(16年)などに出演し注目を集める。『デメキン』(17年)で映画初主演を飾り、ラジオ「健太郎のオールナイトニッポン0」(18年〜)ではパーソナリティを務める。主な出演作に、『ミュージアム』(16年)、『チア☆ダン〜女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話〜』(17年)、『先生!、、、好きになってもいいですか?』(17年)、『クソ野郎と美しき世界』(18年)、ドラマ『アシガール』(17年)など。8月1日からGALLERY X BY PARCOにて『G 健太郎』写真展を開催。18年公開待機作品に『映画ドライブヘッド〜トミカハイパーレスキュー機動救急警察〜』、『今日から俺は!!』、『コーヒーが冷めないうちに』、『覚悟はいいかそこの女子。』、『ういらぶ。』がある。

MOVIE Collection