ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『天命の城』坂本龍一インタビュー

「0.1秒単位までオーダー通りに仕上げていく」教授が語る仕事への姿勢

『天命の城』坂本龍一インタビュー
近年、韓国映画がどんどん面白くなってきています

『天命の城』
2018年6月22日より全国公開
(C)2017 CJ E&M CORPORATION, SIREN PICTURES ALL RIGHTS RESERVED
抗戦か、降伏か。12万の敵兵に包囲されるなかで、天命を背負った男たちの葛藤を描いた『天命の城』。『トガニ 幼き瞳の告白』のファン・ドンヒョクが監督し、イ・ビョンホン、キム・ユンソク、パク・ヘイルらが競演する本作で音楽を手がけたのは坂本龍一。韓国の伝統音楽を取り入れた重厚なサウンドを作り上げた坂本が、本作の魅力などを語った。


──本作の音楽を手がけることになった経緯を教えてください。

坂本:僕のウェブサイトの問い合わせフォームから連絡があったんです。映画音楽の仕事を受けるエージェントは別にいるんですが、そこからではなく、直接連絡が来た。どんな作品かと思ったら、イ・ビョンホン主演の作品だという。この何年か、韓国映画や中国映画に個人的にとても注目していて、よく見てるんです。それで、ちょうど「アジア映画のオファーはないかな?」と思っていたところでもあったので、ポジティブな返事をしました。

──アジア映画に興味をもったきっかけは?

『天命の城』
(C)2017 CJ E&M CORPORATION, SIREN PICTURES ALL RIGHTS RESERVED
坂本:もともと台湾のエドワード・ヤン監督が大好きだったんです。亡くなってしまいましたが。彼の盟友でもあった侯孝賢、中国ではチェン・カイコー、また彼の撮影監督だったチャン・イーモウ、今では大御所になってますけど、そのあたりの監督たちの作品は追っていたんです。韓国の映画も80年代、90年代はそれほど関心を引かれなかったんですけど、近年はどんどん面白くなってきてます。香港映画も、タイ映画も、フィリピン映画も、アジアの映画はどこも良くなってきてますね。

──韓国映画についてはどう思いますか?

坂本:エンターテインメント作品、アート作品、どちらも好きです。アクションが中心のエンターテインメント作品であっても、政治の腐敗であったり、社会問題であったりが必ず織り込まれていて、韓国の社会をよりよく知るという意味でも興味を引かれますね。

──坂本さんは日本映画の音楽も数多く手がけていますが、韓国映画との対比で、何か感じるところはありますか?

坂本:もちろん日本映画も好きです。ただ、やはり日本映画の黄金期というのは50年代、60年代で、溝口、小津、黒澤、そして大島渚をはじめとする松竹ヌーヴェルヴァーグの監督たちが素晴らしい作品を作ってきた。その後も面白い作品はたくさんあるわけですが、“現在の”という意味では、残念ながら力は弱ってしまったと思います。佳作はたくさんありますが、一つ一つの作品の粒が小さいと言いますか。逆に近年の韓国映画は、非常に暴力的だったりして、問題のある作品も多いかもしれませんが、一つ一つの作品に力がある。映画は社会の鏡だと思うので、それは単純に良い悪いということではなく、北朝鮮や中国との緊張関係も含めて、そこには韓国という国が置かれてきた難しい状況が反映されている。でもそういうことは、少なくとも創作においてはいい影響を及ぼすことが多いんですよね。社会の置かれている緊張が、作品の緊張感を生む。逆に言えば、日本の社会にはそういう切実なものが長いことなかったんだと思います。ただ、日本国内でもこれだけ経済格差が広がっている今、もしかしたらこの先、日本でも社会状況を反映した力のある作品がまた生まれてくるかもしれません。

──今の話は、今回の『天命の城』で描かれている史実にも繋がるテーマですね。

坂本:そうですね。朝鮮の歴史については、今回の『天命の城』での仕事を通して知ったことも多かったです。この作品で描かれている歴史的事件の前には、豊臣秀吉による朝鮮出兵があった。最終的に朝鮮はそれを撃退しましたが、その直後にこの事件が起こったわけです。朝鮮の歴史というのは、常に隣国である中国の政変に影響を受けてきた。そして、それは直接的にも間接的にも日本に影響を及ぼしてきた。朝鮮の歴史を知るということは、東アジア全体の歴史を知ることでもある。そういう意味でも、とても興味深い題材でしたね。それと、もう一つ面白いのは、これは清が始まったばかりの頃の話であること。そして、清の最後の皇帝を描いた作品が『ラスト・エンペラー』だった。これで清の始まりの頃と終わりの頃、それぞれを題材にした映画に関わったことになったわけで、それについては感慨深いものがあります。

──本作は韓国で大ヒットをしたわけですが、その理由はどこにあると考えますか?

『天命の城』
(C)2017 CJ E&M CORPORATION, SIREN PICTURES ALL RIGHTS RESERVED
坂本:あくまでも僕の見方なので、実際は違うのかもしれませんが、隣に中国のような大国があって、その強い影響下にある時に、韓国のような比較的小さな国がどうやってそれを乗り越えていくのか。それは、どの時代においても変わらないテーマだと思うんです。今も朝鮮半島の横には中国があって、もう一方にはアメリカという巨大な国がある。そう考えると、この作品が描いているのはとても現代的なテーマなんだと思います。『天命の城』に出てくる仁祖という王は、韓国の歴史の中で最も人気のない王だと聞きました。韓国の人にとっては、屈辱的な歴史を象徴する王であり、実際にその体制下において人的被害もあった。「そんな時代の王様なんてわざわざ映画で見たくない」という人も少なくないそうです。でも、ファン・ドンヒョク監督はそれをわかった上で、敢えてこの題材を選んだと言ってました。それは、プロデューサーやこの作品に投資した人も含めて、すごく勇気のあることだと思います。現在のような非常に暴力的な時代、力対力でいろんな物事を解決しようとしている時代に、このように屈辱に耐えながら和平を選んだ王様を描いた映画を作ったわけですからね。

──現在はかつての大企業も海外資本に買収されるなど、撤退戦を強いられています。「どのように負けるのか?」というには、日本人にとっても重要なテーマになってきているように思います。

坂本:生物の世界も含めて、弱いものが負けるとは限らないんですよ。弱いものには弱いものなりの戦いのやり方があって。どんな世界にも、強いものがいれば弱いものがいて、生きていく上ではいろんな戦略がある。それは動物だけでなく、植物でさえもそうですね。だから、日本人にとってだけでなく、世界全体が武力と経済力の競争をしているような時代に、こういう映画があるということはとても意味があることだと思います。『天命の城』は、歴史的な大きな事件を描いていながら、あまり戦闘シーンが多くない。アクション描写は韓国映画が得意とするところでもありますが、この作品はそうではない。あくまでもイ・ビョンホン演じる吏曹大臣の葛藤を中心に描いている。そこにこの作品の意義があるんでしょうね。

──音楽の使われ方も、とても抑制が効いてますよね。最近はほぼ全編で劇伴が流れているような作品も少なくない中、無音のシーンもとても多い。それによって、音楽の流れるシーンがとても印象に残ります。

坂本:これでも音楽が多いくらいだと思います(笑)。
 確かに最近の通常の映画に比べたら、音楽が使われている箇所は限られているのかもしれないですが、音量の大きさも含めて、このくらいがちょうどいいんじゃないかなって思います。音楽で引っぱっていったり、何かを押し付けたりする映画が、僕は本当に嫌なので。映画の中で風のように音楽が存在しているのがいいですね。まあ、風だったら風の音が聞こえてくればそれでいいんですが(笑)。

──坂本さんが音楽を手がけた近作でいうと、例えば『レヴェナント:蘇えりし者』ではもっと音楽が前に出ていたと感じましたが、それはやはり、作品ごとに適正な音楽のあり方が違うということでもありますよね?

坂本:『レヴェナント』でも、音楽が少ないと思った人は多かったみたいですよ。実際にあの作品では、2時間36分の作品で、2時間分くらいの音楽を書いてるんです。でも、その大半はそれこそ風のような音楽や、“ザーーーー”っていう音だったりして、いわゆる旋律のある音楽ではなかったんで、それを音楽だと思ってない人が多いということは面白いなって思いましたね。そういう意味では、今回の『天命の城』の方が音楽的と言えますね。
 今回、監督とのやりとりで面白かったのは、最初はもっとセンチメンタルな、ちょっと韓国的なメロディも含んだ音楽を作っていたんです。そうしたら、監督から「もっとモダンなものにしてください」って言われて。それで取り下げた曲もあります。監督はできるだけ韓国的じゃないものを望んでいたんです。だから、韓国の伝統音楽と現在の音楽の融合というのが僕のテーマではあったんですけど、それもあまり前面に押し出してもいません。時代劇だからといって韓国の伝統音楽に寄せるのは違うということで、そこでのバランスは慎重に考えましたね

(2018/06/21)


【関連記事】



坂本龍一
さかもと・りゅういち

11952年1月17日生まれ、東京都出身。78年『千のナイフ』でソロデビュー。同年『YMO』を結成。散開後も多方面で活躍。『戦場のメリークリスマス』で英国アカデミー賞を、『ラストエンペラー』の音楽ではアカデミーオリジナル音楽作曲賞、グラミー賞他を受賞。13年には山口情報芸術センター(YCAM) 10周年事業のアーティスティック・ディレクター、14年には札幌国際芸術祭2014のゲストディレクターとしてアート界への越境も積極的に行っている。14年7月、中咽頭癌の罹患を発表したが、1年に渡る治療と療養を経て15年、山田洋次監督作品『母と暮せば』、アレハンドロ・G・イニャリトゥ監督作品『レヴェナント:蘇えりし者』の音楽制作で復帰を果たし、16年には李相日監督作品『怒り』の音楽を担当した。17年春には8年ぶりとなるソロアルバム「async」を発表。環境や平和問題への言及も多く、脱原発を表明している。

MOVIE Collection