ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリット・ディア』ニコール・キッドマン インタビュー

映画好きが絶賛する奇才の“強烈な作品”について語る

『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリット・ディア』ニコール・キッドマン インタビュー
映画を見た感想は「強烈だった」

『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』
2018年3月3日より公開中
(C)2017 EP Sacred Deer Limited, Channel Four Television Corporation, New Sparta Films Limited
ンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞した、ヨルゴス・ランティモス監督の『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリット・ディア』。映画ツウから高く評価される『ロブスター』を手がけたランティモス監督の最新作だ。

幸せに暮らしていた裕福な家族が、ある少年の来訪をきっかけに追い詰められていく様子を描いた作品で、主演はコリン・ファレル。不気味な存在感を放つ少年を、『ダンケルク』でも注目を集めた新星、バリー・コーガンが演じている。その中で主人公の美しい妻を演じたニコール・キッドマンに映画の見どころなどを語ってもらった。


──完成した映画を見て、どう思いましたか?

『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』
(C)2017 EP Sacred Deer Limited, Channel Four Television Corporation, New Sparta Films Limited
キッドマン:キッドマン:強烈だったわ。監督の隣に座って(見て)いたから、それもまた強烈で。でも、素晴らしい経験だったし、観客の反応を目の当たりにして最終的には感動したわ。それに、監督のサポートができたのもとても楽しかった。彼のようにパワフルな映画監督とカンヌに来られたのも、役者として嬉しかったし。役者の良し悪しは映画監督の腕にかかってるから、彼のような人と一緒に働けるのは役者としての喜びだし、映画の成功を願うのは当然のことでしょう。まず、監督から出演オファーをもらってとても光栄だったわ。

──この映画では、観客はどんなことを期待できますか?

キッドマン:私の夫は、この映画にはひどい拷問のような場面が時々あると言ってたけれど、同時に、素晴らしいジャズを聞いているようだとも言っていたわ。それから、謎解きをしながら体験しなければならないような異次元の世界みたいだとか、今まで経験したことのない旅に出ているような気にもなると言ってた。他には、今まで観た中で最高の映画だったと言ってくれた人もいたわ。だから、大きなスクリーンのある映画館で何千もの人々と一緒になって、あのような映画を見られるなんて素晴らしいと思うわ。

『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』
(C)2017 EP Sacred Deer Limited, Channel Four Television Corporation, New Sparta Films Limited
──この映画を見た観客が、映画について議論を交わすと思いますか?

キッドマン:映画を見終わってからも、「これはどういうこと?あれはなんだったの?」といったことを話すでしょうね。私も夫と、映画が終わってベッドに入ってからもまだ話していたわ。それで、夫は私にいろいろ聞いてきた。それで私は、「でも、見方によっては映画そのものが夢だったっていうこともあるんじゃない」と返したの。そしたら夫は「すごい!」って。そんな会話をするのも、面白かったわ。

──ランティモス監督は、映画のテーマについて役者と話し合いますか?

キッドマン:ランティモス監督はスタンリー・キューブリックに似ていて、「どうしてこうなるんです?」と聞いても肩をすくめるだけ。そういうのには慣れていたわ。私は(役作りの)準備が整っていたし、コリンは監督と共演したことがあったから、彼が調子を整えてくれた部分もあった。監督はとても穏やかな人。大きな声を上げたりすることもないし、演出もとても的確よ。内に秘めているものがあるっていうか。でも決断力があって、パワフルね。静かだけどパワフルっていうのが監督の特徴でしょうね。それと優しいの。優しさがあるわ。

──コリン・ファレルとの共演はいかがでしたか? 『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』でも共演していますよね。

キッドマン:キャスト全体がとてもオープンで、現場はとても楽しく、一つにまとまって団結していた感じがあったわ。コリンと私も、また一緒にやろう、(次は)どんなものがいいかなっていう感じだった。

──映画に対する認識や体験は、年齢とともに変わってきていますか?
『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』
(C)2017 EP Sacred Deer Limited, Channel Four Television Corporation, New Sparta Films Limited

キッドマン:ええ。若い頃はものごとが流れていくような感覚があって、(映画に対して)あまりよく考えていなかった。今では映画を楽しめるようになったけど、歳のせいでしょうね。今もその感覚を楽しんでいるの。映画には美しさがあるわね。そういった感覚は、歳を取ったから感じられるものだと思う。若い時と年を取ってからだと(考えが)違うし、知識が増えたり、いろんな経験を長年重ねたりしてきたことが理由でしょう。わたしはまだ映画に携わってなんとかやってこれて、純粋に光栄なことだと思う。とても光栄だし、こんな気持ちを感じられるのもありがたいと思っているわ。

(2018/03/09)


【関連記事】



ニコール・キッドマン
Nicole Kidman

1967年6月20日生まれ、アメリカのハワイ州で生まれ、オーストラリアで育つ。『デイズ・オブ・サンダー』(90年)で共演したトム・クルーズと90年に結婚。『誘う女』(95年)でゴールデングローブ賞他数々の賞を受賞。クルーズとの3度目の共演作『アイズ・ワイド・シャット』(99年)はキューブリック監督の遺作。01年の離婚を期にますますキャリアを広げ、『めぐりあう時間たち』(02年)でアカデミー賞主演女優賞を受賞。その他、『ムーラン・ルージュ』(01年)、『コールドマウンテン』(03年)、『オーストラリア』(08年)、『NINE』(09年)、『ラビット・ホール』(10年)、『LION/ライオン 〜25年目のただいま〜』(16年)、『The Beguiled/ビガイルド 欲望のめざめ』(17年)などに出演。

MOVIE Collection