ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!』濱田龍臣インタビュー

子役のイメージを塗り替えていかなきゃいけない

『劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!』濱田龍臣インタビュー
“支え合う仲間”というのが一番の大切なキーワード

『劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!』
2018年3月10日より全国公開
(C)劇場版ウルトラマンジード製作委員会
ウルトラマンベリアルの遺伝子を受け継ぐ朝倉リク/ウルトラマンジードの活躍を描き出したTVシリーズ『ウルトラマンジード』がついに映画化され、『劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!』のタイトルで、3月10日より劇場公開される。

今回の敵は、全宇宙の知的生命体の抹殺を図ろうとする巨大人工頭脳ギルバリス。地球消滅の危機に、ウルトラマンオーブ、ジャグラス ジャグラー、そしてウルトラマンゼロが駆けつけ、ウルトラマンジードと共に戦う! 今回はウルトラマンジードを演じる濱田龍臣にウルトラマンへの熱い思いを聞いた。


──これまでテレビシリーズをやってきて、いよいよ映画化となりました。濱田さんが思う劇場版の見どころはどこでしょう?

濱田龍臣
濱田:あらためて言うのは難しいですね。ただ、TVシリーズの25話を通して成長してきた上で、劇場版では仲間の物語という部分が強く描かれた作品になったと思います。リクをとりまく仲間はもちろん、ウルトラマンとしても先輩のオーブとゼロが助けに来てくれるという。ジードの歌詞にもある“支え合う仲間”というのが一番の大切なキーワードかなと思います。

──ウルトラマンは小さい頃からお好きだったそうですが、このたびウルトラマンになってみて、改めて自分がウルトラマンになったんだなと実感する瞬間はありましたか?

濱田:ウルトラマンのイベントで登場する時の子どもたちの歓声というか。子どもたちの「おー!」といった感じになった時の表情を見ていると、自分もそうだったなと思って。それを追体験している感じがします。そんな声を聞いていると、改めてウルトラマンになったんだなと実感しますね。

濱田龍臣
──お子さんもそうですが、お父さんお母さん世代とか 濱田さんの反響も大きいのではないでしょうか? 特に濱田さんの子役時代を知っている人からは大きくなったね、といった声も届きそうですが。

濱田:それはよく言われますね。ウルトラマンのイベントでは一応、朝倉リクとして出ているので、結構ごまかしごまかしではあるんですが、確かによく言われますね。

──まわりの人たちが自分の小さい頃を知っているというのは不思議な感覚なんじゃないですか?

濱田:そうですね。初めてお会いする方からもよくそう言われるので、遠縁の方がたくさんいるような形になっていますが(笑)。ただ、まだ小さかった頃のイメージを払拭(ふっしょく)していかないというか、塗り替えていかなきゃいけないなという気持ちはありますね。「怪物くんの」じゃなくて、「ウルトラマンの」濱田龍臣という風に覚えてもらえるように、頑張らなきゃなと思います。

──『ウルトラマンジード』のTVシリーズを半年やってきて、 成長できたと実感するところはありますか?

濱田:よく共演者の方やスタッフさんからは、顔つきが変わったねとか、変身の時の声のトーンが変わったとは言われますね。そう言われると、やはりこの作品を通して成長できたんだなということを実感します。

──坂本浩一監督はアクションにこだわりの強い監督です。
『劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!』
(C)劇場版ウルトラマンジード製作委員会

濱田:そうですね。基本的にはふわふわしているというか、和やかな現場だったんですけれども、アクションのシーンになると途端に坂本監督の目付きが変わるんです。坂本監督ご本人のアクションもキレキレですからね。僕も少しはアクションをやってはいるんですけど、ほとんどがライハ(山本千尋)ですからね。やはり動けるようになるとかっこいいなと思いますし、役の幅も広がると思うんで、いつかはアクションもこなせるようになりたいなと思っています。

──今回は先輩ウルトラマンであるオーブとも共演されていますが。

濱田:ガイさん(石黒英雄)とジャグラーさん(青柳尊哉)がいると独特な空気が流れるんですよね。『オーブ』の撮影現場はものすごく独特だったんだろうなと。カッコいいな、オーラが違うなと思いながら見ていました。そして現場には去年から一緒にやってきたスタッフの方もいらっしゃるわけですし、仲がいいんだなと思って。自分も来年にはこうなっているのかなと思うと、なんだかちょっと面白いですね。もし次のウルトラマンが決まったとしたら、僕がそれに客演する可能性も高いわけですし。そうなったらどうなるんだろうというのはいろいろと想像してしまいますね。

『劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!』
(C)劇場版ウルトラマンジード製作委員会
──濱田さんにとってウルトラマンとはどんな存在でしたか?

濱田:やっぱりヒーローだなと思います。自分が小さい頃からずっと好きで、憧れていたヒーローでした。最年少でウルトラマンになってからも、自分自身、いろいろとスタッフさんに叱咤(しった)激励していただきながら。半年の撮影を通じて本当に大きくなれた作品だったと思います。先日も「ウルトラヒーローズEXPO」に参加したんですが、本当に多くの方に来場していただいて、ウルトラって本当に愛されているんだなと。そういう作品に2回も出演することができて。しかも今回はウルトラマンに変身する役なので、本当にうれしいんです。ウルトラマンシリーズは自分の人生に大きな影響を与えてくれたものなので。

──ウルトラファミリーに入ったわけですからね。

濱田:以前はちょっと離れたところにいたと思うんですが、今は僕もいるよ、ぐらいの位置に立つことができたかなと(笑)。多分これに関してはいくらでも喋(しゃべ)れるような気がするんですけれども、本当にうれしいですし、きっとこれからもずっと好きなんだと思います。だからこそ、いつまでも愛される作品となるように自分自身、最大限尽力していきたい。自分の人生をささげたいと思える作品だと思います。

(2018/03/10)


【関連記事】



濱田龍臣
はまだ・たつおみ

2000年8月27日生まれ。千葉県出身。2006年子役としてデビュー後、大河ドラマ「龍馬伝」やドラマ「怪物くん」で注目を集める。2010年には「ゴールド ドリーム アワード2010」で金の卵賞を獲得。その後も映画、ドラマ、バラエティーと多方面で活躍中。

MOVIE Collection