ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』高畑充希インタビュー

イケイケドンドンなヒロイン像がチャーミング!

『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』高畑充希インタビュー
字面では大阪弁なのに音が違う岡山弁が難しかった

『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』
2017年3月18日より全国公開
(C)2017ひるね姫製作委員会
『攻殻機動隊 S.A.C.』シリーズやNHK-BS『精霊の守り人』などで知られる人気クリエーター、神山健治監督。彼が手がけた、自身初となる劇場オリジナルアニメーション『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』が3月18日より公開された。

近未来、東京オリンピックを間近に控えたある日、地方都市に暮らす女子高生が、ある事件を解決するために旅に出る。自らの夢を道しるべに、現実と夢を行き来しながら“真実”を見つけ出していくファンタジックな物語だ。

主人公・父親と2人暮らしの女子高生ココネの声を担当したのは高畑充希。女優のみならず歌手としても活躍する実力派の彼女に、映画の見所などを語ってもらった。


──まず、劇中で演じた森川ココネというキャラクターについて教えてください。

高畑:すごくチャーミングだと思います。物怖じしないですし、イケイケドンドンな感じです。また、さっぱりしていて、強いですが、包み込む優しさもあって素敵なヒロインだと思います。

高畑充希が声をつとめた主人公の女子高生・ココネ『ひるね姫 〜知らないワタシの物語〜』
(C)2017ひるね姫製作委員会
──アフレコの感想は? 苦労したところなどありましたか?

高畑:すごく難しかったです。方言がけっこうあるので、(方言指導の)先生に助けてもらいながらやりました。先生は2人で、大人の先生といまどきの岡山弁を知っている若い女の先生がいるので、岡山弁でも色々とあるんだという発見がありました。
 岡山弁は「なんとかなんじゃろー」「なんとかがー」と濁音が多く、方言をしゃべっているという感じがうれしくなりました。私は大阪生まれで、関西イントネーションなので、字面(じづら)では大阪弁なのに音が違う岡山弁を話すときは、特に苦労しました。

(2017/03/19)


【関連記事】



高畑充希
たかはた・みつき

1991年12月14日生まれ、大阪府出身。2005年にデビュー。07〜12年まで舞台「ピーターパン」で8代目ピーターパンを務めた。NHK連続テレビ小説『ごちそうさん』(13年)で注目を集め、16年はNHK 連続テレビ小説『とと姉ちゃん』に主演。その他、映画『植物図鑑 運命の恋、ひろいました』『怒り』『アズミ・ハルコは行方不明』などに出演。2017年4月14日から舞台「エレクトラ」に出演。歌手としても活動。

MOVIE Collection