ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『星ガ丘ワンダーランド』中村倫也&佐々木希インタビュー

注目の若手2人が家族などについて語った!

『星ガ丘ワンダーランド』中村倫也&佐々木希インタビュー
簡単な役なんてない(中村倫也)

『星ガ丘ワンダーランド』
3月5日より全国公開
(C)2015 「星ガ丘ワンダーランド」製作委員会
連続ドラマ「下町ロケット」で正義感の強い若手エンジニアを好演し注目を集めた中村倫也。彼が主演をつとめる映画『星ガ丘ワンダーランド』が公開を迎える。本作で中村は、複雑な家庭環境で育ち、能動的な人間関係を築けない青年・温人を雰囲気たっぷりに演じている。

そんな温人の前に現れた義理の妹・七海に扮するのは佐々木希。こちらも華やかなイメージを封印して影のある女性を情緒たっぷりに演じた。


──両親の離婚や母の突然の死など、さまざまな思いを抱えた家族の物語でしたが、演じた温人、七海というキャラクターについてどんなアプローチをしたのでしょうか?

中村倫也(左)と佐々木希(右)
中村:生い立ちが物語のキーになっている役なのですが、僕自身の家族関係とはまったく違っていたので、撮影に入る前は、温人に通じるヒントのかけらを探し集めることに時間を費やしました。撮影前にロケ地の遊園地に1人で行ったりして想像力を膨らませました。温人は人との関わり合いに能動的ではなく、心に抱えているものも人にはぶつけない。そういう部分をしっかりと生々しく描いていきたいなと思っていました。

佐々木:私が演じた七海という女性と自分との共通点をなかなか見つけ出すことができなかったので、すごく難しいと感じました。でも幼いころに感じたことに、ほんの少し共通点があったので、そこをどんどん大きくしていきました。

──自分とはかけ離れた役を演じるというのは俳優としてはどういうお気持ちなのでしょうか?

中村:作品によって役というのは違いますし、どのような役でも自分との距離を測りながらつなげていくという作業をしています。今回も、いろいろなキャストやスタッフが、各方面から興味深いことを持ち込んできてくださったので、絶対面白いものができるなという思いはありました。なので自分もしっかりと身を引き締めて、温人に誠心誠意向き合っていかないとダメだと思って臨みました。簡単な役なんてありませんし、ワクワクしながらモチベーションを高く挑めました。

佐々木:自分が経験したことのない役や感情に向かっていく作業は楽しいです。「この人はどういう人生を歩むんだろう」と想像力を働かせて役柄に挑むのはとても楽しいですしやりがいがありますね。

(2016/03/02)


【関連記事】



中村倫也
なかむら・ともや

1986年12月24日生まれ。東京都出身。05年に映画『七人の弔』俳優でデビュー。テレビドラマ、映画、舞台など幅広いジャンルで活動している。連続ドラマ『下町ロケット』では正義感の強い若手エンジニアを好演し話題に。現在放送中の連続ドラマ『お義父さんと呼ばせて』にも出演中の若手注目俳優。今後の待機作は、ドラマ『実録ドラマスペシャル 女の犯罪ミステリー 福田和子 整形逃亡15年』が3月17日放送、『双葉荘の友人』が3月19日放送、映画『日本で一番悪い奴ら』(6月25日公開)など。8月には劇団☆新感線『Vamp Bamboo burn〜ヴァン・バン・バーン〜』にも出演する。

佐々木希
ささき・のぞみ

1988年2月8日生まれ。秋田県出身。06年「プリンセスPINKYオーディション」でグランプリを受賞し芸能界デビュー。モデルとして各雑誌で活躍する一方、映画『ハンサム★スーツ』(08年)で女優デビューを飾る。翌09年に映画『天使の恋』で初主演をつとめるなどテレビドラマや映画などでも活躍。待機作に映画『カノン』がある。

MOVIE Collection