ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『サウルの息子』ネメシュ・ラースロー監督インタビュー

アカデミー賞外国語映画賞ノミネート、38歳の若き才能が自作を語った

『サウルの息子』ネメシュ・ラースロー監督インタビュー
描いたのは、肉体的でなく精神が破壊されていく極限状態の人々

『サウルの息子』
1月23日より公開
(C)2015 Laokoon Filmgroup  
第88回アカデミー賞で外国語映画賞にノミネートされた『サウルの息子』は、カンヌ国際映画祭でもグランプリを受賞した作品だ。アウシュヴィッツ収容所を舞台に、殺された息子をなんとかユダヤ教の教義にのっとって手厚く葬ろうとする主人公・サウルの姿を描き、極限状態における人間の尊厳について訴える。

監督したのは、『ニーチェの馬』で知られる名匠タル・ベーラの助監督をつとめたネメシュ・ラースロー。世界中から注目と集める38歳の若き逸材が、自作について語った。


──本作の主人公は、同胞であるユダヤ人の死体処理に従事する特殊部隊・ゾンダーコマンドとしてアウシュヴィッツ=ビルケナウ収容所で働いている男性です。ゾンダーコマンドを取り上げたのはなぜですか?

ネメシュ・ラースロー監督
監督:文明社会が自信を破壊に導いてしまうそのプロセス、悲劇をどれだけ伝えきれるか。極限状態の人間をどれだけ描き、生々しさが伝えられるか。今までのホロコースト作品は伝えきれていない。
人類の自殺願望などの性質は忘れられがちだが、忘れてはいけない。どこか心の中で思い続け危惧しなければならない。その世界を危うさを体感をするための案内役がゾンダーコマンドだが、彼らはあまり認知されていない、地獄における生命体として存在が許された人で、肉体的でなく、精神が破壊されていく極限状態の人々。そんな彼らがどう生きていたかを描くことにより、その世界で自分には何が出来るのか、それを伝えたかった。

──サウルがゾンダーコマンドになる瞬間を描かなかった理由は?

監督:本作では、ゾンダーコマンドのある1日を描いただけ。鍵穴から覗き見るイメージで撮った。全てを描き切るとメッセージ性が弱くなる。全てを伝えきれる時間も手段もない。見た人もきっと消化しきれない。
1日に焦点を当てることで、あえて感情を深く伝えるためにそうした。

(2016/01/15)


【関連記事】



ネメシュ・ラースロー
Nemes Laszlo

1977年ハンガリー、ブダペスト生まれ。舞台演出家と教授であった両親は共産主義政権下では反体制派で、子ども時代と青年時代をフランスの首都パリで過ごす。パリ政治学院、ついでパリ第3大学で映画を学び、2003年、26歳のときにブダペストに戻り名匠タル・ベーラ監督の助監督に。その後、3本の短編映画を監督。本作の実現には5年の歳月をかけ、カンヌ映画祭グランプリを受賞。ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞受賞も受賞したほか、アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされている。

MOVIE Collection

アクセスランキング

ランキングをもっと見る

インタビュー

『二重生活』門脇麦×菅田将暉インタビュー

『二重生活』門脇麦×菅田将暉インタビュー

身勝手な門脇麦に、菅田将暉が「めっちゃさみしかった」!?

『日本で一番悪い奴ら』綾野剛インタビュー

『日本で一番悪い奴ら』綾野剛インタビュー

覚悟を決めて臨んだ激ヤバ刑事がスゴ過ぎる!

『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』宮藤官九郎インタビュー

『TOO YOUNG TO DIE!若くして死ぬ』宮藤官九郎インタビュー

長瀬くんとバカみたいな映画を作りたかった!

『クリーピー 偽りの隣人』西島秀俊&竹内結子インタビュー

『クリーピー 偽りの隣人』西島秀俊&竹内結子インタビュー

6年越しの片思いの末、あっという間に倦怠期の夫婦に!?

インタビュー >>

最新ニュース

ニュース一覧 >>