ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『キングスマン』マシュー・ヴォーン監督インタビュー

ハリウッドへの不満を吐露!? 『キック・アス』監督が語るスパイ映画愛!

『キングスマン』マシュー・ヴォーン監督インタビュー
最近のスパイものがやたらシリアスになっていることに不満だった

『キック・アス』のマシュー・ヴォーン監督と、『英国王のスピーチ』『裏切りのサーカス』のコリン・ファースがタッグを組んだノンストップ・スパイアクション『キングスマン』。表の顔はロンドンの高級テーラー、その裏の顔は世界最強のスパイ組織である「キングスマン」のエリートスパイが、地球規模のテロを企てる強敵に立ち向かうクールで楽しい作品だ。

撮影中の様子
『007』シリーズなどさまざまなスパイ映画にオマージュを捧げる一方、これまでにない斬新なスパイアクションを生み出したヴォーン監督に、作品の見どころなどを語ってもらった。


──本作は、マーク・ミラーのグラフィック・ノベルです。作品になる前からストーリーの構成に関わっているそうですね。どのような経緯でこの作品が生まれたのでしょうか?

監督:マーク・ミラーも私も最近のスパイものがやたらシリアスになっていることに不満だったんだ。我々は『007』シリーズや『電撃フリント・アタック作戦』、テレビシリーズ『おしゃれ(秘)探偵』などを見て育ってきた。どれも軽やかながらしっかり楽しめるスパイもので、とにかく楽しくて想像力あふれる作品だったんだ。
そこで、「現代のスパイ劇を描くならどうするか」という話に発展し、古い世代と新しい世代がミックスるする展開も入れてはどうか、と。そうやって『キングスマン』が生まれたんだ。

撮影中の様子
──この作品には様々なスパイ映画へのオマージュがありますね。監督自身も思い入れがあるのでしょうか?

監督:おっしゃる通り、この映画は様々なスパイ映画の影響を多分に受けている。いわば、過去のあらゆるスパイ映画へのポストモダニズム的なラブレターだよ。だからといって模倣しただけではないんだ。スパイものの楽しい部分をさらに新しくし、現代の観客に楽しんでもらえるようなものを作っているよ。取り上げているテーマはシリアスなのに、思いっきり楽しくしているところがこの映画の特徴だね。

──キングスマンの組織を、アーサー王の円卓の騎士になぞらえたのはなぜですか?

監督:キングスマンが道義心や礼節の精神に根ざしたものだということを描くのに分かりやすい方法だったんだ。円卓の騎士の伝説なら皆知っているし、伝説を現代化させ、新鮮に感じさせるのにいいモチーフだったんだよ。

『キングスマン』
  9月11日より全国公開中
(C)2015 Twentieth Century Fox Film Corporation 
──主人公、ハリー・ハートのモデルはいますか?

監督:俳優のデヴィッド・ニーヴン(*)をモデルにしているよ。当時はモダン紳士ともてはやされていた俳優だ。粋だがタフで、チャーミングだがお高くとまっているわけではない。そういう要素が(この作品を作る上でも)大切だったんだ。
*50年代から70年代にかけて人気を博したイギリス人俳優。『007』シリーズの原作者イアン・フレミングがボンド役に最も望んでいた俳優とも言われている。

──強敵となるヴァレンタインはラッパーの容姿をしたIT富豪という設定ですが、モデルはいるのでしょうか?

監督:実在のモデルは特にいないが、あえて挙げるならスティーブ・ジョブズかな。つまり億万長者で、そのブランドと技術が全世界に影響を与えるほどの力を持つ男だ。その男が仮に悪巧みをしようとしたら恐ろしい強敵になるだろう? そういった意味で、スティーブ・ジョブズが一番近い。

(2015/09/17)


【関連記事】



マシュー・ヴォーン
Matthew Vaughn

1971年3月7日生まれ。イギリスのロンドン出身。ガイ・リッチー監督『ロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ』(98年)やブラッド・ピット主演の『スナッチ』(00年)のプロデューサーとしてキャリアをスタート。自身の制作会社マーヴ・フィルムズを通し、ダニエル・クレイグ主演の『レイヤー・ケーキ』(04年)で監督としてのデビューを飾り、ロバート・デ・ニーロ、ミシェル・ファイファーが主演した『スターダスト』(07年)を監督。『キック・アス』(10年)では監督、製作、脚本を手がけた。さらに、2011年には『X-MEN:ファースト・ジェネレーション』(11年)の脚本と監督を、2012年には『キック・アス2』(12年)の脚本と製作を手がけている。

MOVIE Collection