ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』エミリア・クラーク インタビュー

アクション映画史上、最も有名なヒロイン、サラ・コナーを演じた心境を語る!

『ターミネーター:新起動/ジェニシス』エミリア・クラーク インタビュー
タイムスリップシーンではハーネスでつり上げられている状態でヌードに!
『ターミネーター:新起動/ジェニシス』
7月10日より全国公開
(C)2015 Paramount Pictures. All Rights Reserved.
──サラ・コナーを演じるにあたり、気をつけたことは?

エミリア:今まで『ターミネーター』シリーズをよく見ていたから、サラ・コナーと他の登場人物たちとの関係性はよく分かっていた。だから今回の脚本を読んでみて、自分がどう感じたかという「気持ち」の部分を大事にしたの。撮影中は、共演者たちの反応を見ながら、さらに軌道修正をしていった。とにかくディスカッションをすることが大事。(本作のメガホンをとった)アラン・テイラー監督とは以前にテレビドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』で一緒に組んだこともある。もともと監督やプロデューサーは全体像を見ているものだし、私たち俳優は自分の解釈を持ち込むものなので、そういう意味では非常に有機的な作業だったと思うわ。

──サラ・コナーを演じるにあたり激しいトレーニングを行ったそうですが。

エミリア:私はアーノルドと違って、アクションやトレーニングを行うのは初めてだった。今まで銃を扱ったことさえもなかったけれど、今回の役では銃を扱い慣れているように見せなければならなかった。だから時間をかけて、軍事アドバイザーや武器の専門家たちと一緒にトレーニングを行ったの。でもトレーニングをやったおかげで撮影期間を乗り切ることができて良かったわ。

──今回の映画では、サラ・コナーがタイムスリップをすることになるわけですが。本シリーズのタイムスリップシーンといえば、裸での登場がお約束となっています。このシーンをやると聞いた時はどうでした?
エミリア・クラーク

エミリア:『ゲーム・オブ・スローンズ』というドラマは見たことあるかしら? あのドラマでは、今回よりももっと激しいヌードシーンをやっていたんで、今回のシーンには特に何の抵抗もなかったわね。ただ今回はヌードといっても、ハーネスでつり上げられている状態だったので、これは私にとっても初めてのチャレンジだった。でも一緒に共演した(カイル・リース役の)ジェイ・コートニーが非常にナイスガイだったから良かった。とても親密なシーンだったので、他の人だったらやりにくかったかもね。まあ、裸ということは置いておいて。タイムスリップという面では、これまでサラ・コナーがやってこなかった部分ではあるので、とても面白いシーンだったと思うわ。

──今回のPRツアーはアーノルドと一緒に回ったわけですが、『ターミネーター』の名セリフ「アイル・ビー・バック!」を何度も聞くことができたんじゃないですか?

エミリア:そう、何度も聞くことができて本当にエキサイティングだった! ただ劇中で聞いた時は、あんなシュールな経験はなかったわね。私は人を殺すことができるAK-47という銃を持ってヘリに乗っていたんだけど、そこで彼は私に「アイル・ビー・バック!」と言いながらヘリから飛び降りていったの。「もうどうなってるの、この世の中!」と思うくらいにあれはシュールな経験だったわ(笑)。


(text&photo=壬生智裕)

(2015/07/10)


【関連記事】



エミリア・クラーク
Emilia Clarke

1986年10月26日生まれ。イギリス・ロンドン出身。ロンドン芸術学校のドラマ・センター・ロンドンを卒業後、テレビシリーズ『Doctors』(09年)でキャリアをスタート。続いてアメリカのテレビ映画『タイム・パニック』(10年)では主役級で出演した。11年に始まった人気ファンタジーテレビシリーズ『ゲーム・オブ・スローンズ』に出演し、13年のエミー賞助演女優賞にノミネートされた。また同年、トルーマン・カポーティ原作の「ティファニーで朝食を」の舞台版でブロードウェイ・デビューを果たした。

MOVIE Collection