ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

ゆうばり国際映画祭「ニューウェーブアワード」受賞 松岡茉優インタビュー

バラエティやMCでも大活躍! ノリに乗ってる女優の素顔に迫る

ゆうばり国際映画祭「ニューウェーブアワード」受賞 松岡茉優インタビュー
「ヤバイ涙腺きてるな」って思って…もうダメでしたね

「第25回ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」でニューウェーブアワード・女優部門を受賞した松岡茉優。近年は映画、ドラマ、バラエティーに引っ張りだこで、確かな演技力はもちろん、打てば響きまくる反応の良さは、誰もが認めるところだ。

芸歴12年のキャリアを持つが「ぎゅっと縮めたら3年ぐらいなんですよ」と屈託なく笑う松岡。そんな彼女に受賞の喜びや、女優としての目標、これまでの芸能生活を振り返ってもらった。


松岡茉優
──授賞式では大粒の涙を流されていましたね。

松岡:授賞式は幸せな場所ですし、ありがとうを笑顔で伝えることが正解だと思っているんですね。でもオープニングアクトで武田梨奈が出てきて、披露した生アクションが格好よくて「ヤバイ涙腺きてるな」って思ったんです。それでも「笑顔、笑顔」って心に言い聞かせていたのですが、会場の方たちが、私みたいな若僧にも、とても優しい顔を見せてくれるんですよ! もうダメでしたね。

──武田梨奈さんを見て感極まったのですか?
「ゆうばり国際ファンタスティック映画祭」武田梨奈(左)と抱き合う松岡茉優(右)

松岡:私が中学生の頃、アクション映画(少女戦士伝シオン)で共演しているんです。当時私たちは暇で暇で(笑)。レッスンが終わっても、することがないから居残ってお菓子食べたり、グダグダしていたんです。そんな梨奈が、同じ時間軸でアクション女優として活躍しているのを見て、心から嬉しかったんです。あの時はあんなに暇でどうしようもなかったのに、こうやってアクション女優の道を一人で開拓して格好いいなって。そんな二人が、こうして一緒のステージ(昨年の同賞受賞は武田)に立てたなんて、感動ですよね。

──思いもひとしおですね。

松岡:本当に映画が好きな人たちが、映画好きでよかったって思ってもらえるような俳優になることが、今日の賞をいただいた恩返しだと思っています。

(2015/06/18)


【関連記事】



松岡茉優
まつおか・まゆ

1995年2月16日生まれ。東京都出身。08年から約2年間、バラエティー番組「おはスタ」でおはガールとしてレギュラー出演。女優としてもキャリアを重ね『桐島、部活やめるってよ』(12年)や『連続テレビ小説 あまちゃん』(13年)などで高い演技力を評価され、現在まで出演作が途切れることがない。一方、バラエティー番組では頭の回転の早さを随所に見せ、マルチな才能を発揮している。待機作に、映画『ストレイヤーズ・クロニクル』や『サムライフ』、『猫なんかよんでもこない。』などがある。

MOVIE Collection