ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『怪しい彼女』シム・ウンギョン インタビュー

イ・ビョンホンも絶賛の演技力! 韓国映画界きっての期待の若手女優

『怪しい彼女』シム・ウンギョン インタビュー
子役の頃のイメージが残っているかもしれないという心配はあった

70歳のイジワルばあさんが、ある日突然、20歳の女性に大変身! 中身と外見がチグハグな主人公が巻き起こす騒動と奇跡を描いた『怪しい彼女』は、韓国で大ヒットを記録した笑いあり涙ありのエンターテインメント作品だ。

主演は、期待の若手実力派シム・ウンギョン。子役スターとして活躍し、最近では『王になった男』(12年)での演技も注目された彼女に、映画の見どころなどを聞いた。


シム・ウンギョン
──本作が初主演作ですが、いかがでしたか?

ウンギョン:実はプレッシャーも大きかったです。なぜかというと、子役の頃のイメージが残っているかもしれないという心配がありました。なので、本作の出演依頼が来たときには最初お断りしようかと思っていました。でも、シナリオをもう一度読んで特に最後のシーンが琴線に触れ、とても大きな感動があると感じました。このシーンひとつだけでも出演することにとても大きな意味があると思い、出演を決めました。

──見た目は20歳のキュートな女の子なのに、中身は70歳の口の悪いイジワルばあさんというギャップのある役で、大変だったのでは?

ウンギョン:撮影前から、この作品は他の作品とは全く違ったコンセプトでした。というのも、1人2役はよくありますが、2人1役という演技を求められたので、不可能を可能にしなければならなかったんです。(70歳のマルスンを演じる)ナ・ムニさんと撮影前に台本を読み合わせしながら、彼女の言葉使いや行動や動きなど、ポイントをすくい取っていきました。

──70年代の韓国の名曲が満載の音楽も見どころのひとつです。歌もご自身で歌われているそうですが、どのように撮影していったのですか?
シム・ウンギョン

ウンギョン:撮影の時はデモ曲を流しながら撮影をしました。本格的なレコーディングというのは撮影の直後にしました。撮影が終わったらすぐにヴォーカルトレーニングをスタートしてレコーディングに入りました。
 ただ私の声はトーンが低く、製作チームが求めていたのはハイヴォイス、ハイトーンで元気ハツラツな声だったので、 “悲しい曲の方が合うよね”ということになって……。実は、歌声は別の人に吹き替えてもらうかどうか製作チームは悩んでいたんです。でも、私はそれに反対しました。自分で4曲歌うことによって、(主人公の)オ・ドゥリのキャラクターが持っている真心や本心とか気持ちを表現できると思い、代役を立てないようお願いしました。代役を使ってしまうと、人工的に作られた感じが出てしまうのではないかと思ったのです。最終的には私の意見を反映してくださって、そのお陰で、私自身はありがたい機会を得ることができました。至らない実力だと思いますが、ベストを尽くして歌も頑張りました。

(2014/07/15)


【関連記事】



シム・ウンギョン
Shim Eun-Gyeung

1994年5月31日生まれ。10歳の頃からドラマや映画で子役として活躍。『サニー 永遠の仲間たち』(11年)のナミ役で存在感あふれる演技を披露し、『王になった男』(12年)では悲運な女官を好演し、次世代を代表する女優と成長。本作で映画初主演を飾る。

2014年7月11日よりTOHOシネマズ みゆき座ほかにて全国公開
[監督]ファン・ドンヒョク [出演]シム・ウンギョン、ナ・ムニ、ジニョン、イ・ジヌク、ソン・ドンイル [DATA]2014年/韓国/CJエンタテインメント/125分

(C) 2014 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved

MOVIE Collection