ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

BeeTVドラマ『最上のプロポーズ』斎藤工インタビュー

直球のラブストーリーに思わずビビった!

BeeTVドラマ『最上のプロポーズ』斎藤工インタビュー
正直、直球の役にビビりました

向井理、斎藤工、金子ノブアキ、小出恵介──女子に大人気の4人が出演する『最上のプロポーズ』。初恋の失敗にとらわれる男、自らの一目惚れに戸惑う科学者、眠り続ける彼女を献身的に見つめる男、彼女の突然の心変わりに戸惑う男、4人のプロポーズのエピソードを描いたオムニバスラブストーリーだ。

映像作家としてカリスマ的人気を誇る青山真治が監督し、スマホ向け動画配信サービス「dビデオ powered by Bee TV」、携帯電話専用放送局「BeeTV」で配信されている。

斎藤が演じるのは、初恋の相手に再会しながらも、思春期特有の恥じらいによって彼女を傷つけてしまった過去に悩む男。傷つくのが怖くて前に進めない男の不器用さを見事に演じた斎藤に話を聞いた。


斎藤工
BeeTV『最上のプロポーズ』配信記念イベントの模様
──オファーを受けたときの感想をお聞かせください。

斎藤:青山監督がこういうテーマのものを撮られるというのが意外だなと思いました。4人のエピソードのオムニバスなので、誰かが出ずっぱりということはなくて、総力の一部になるという今回の経験は心地良かったですね。また他の出演者の名前を聞いて、この年代になるとそれぞれがいろいろな経験をしていると思うので、面白いなと思いました。

──脚本を初めて読んだときの感想は?

斎藤:向井くんと小出くんは合点がいったんですけど、自分自身については『逆転裁判』『愛と誠』(共に12年)などクセのある役が多かったので、正直、直球の役にビビりました。隠れる場所がないなと。
 役者って、バイオレンスとかワイルドな衣装とか何かによりかかって役を作るところがあるんですが、今回はその部分が恋愛でしかない怖さがありました。キャラクターの生きる意味みたいなものが台本から読み取れなかったんです。どうすればいいんだろうと思いました(笑)。キャスティングしてくださったことを信じるしかないんですが、この道をこう登れば良いみたいなルートの提示がなかったんです。いかに普段、自分が役柄の特徴に寄りかかっているかと痛感しました。

(2013/06/06)


【関連記事】



斎藤工
さいとう・たくみ

1981年8月22日生まれ、東京都出身。父親の影響で映画に親しんで育つ。モデルを経て01年に『時の香り〜リメンバー・ミー〜』で俳優デビュー。主な出演作は『十三人の刺客』(10年)、『逆転裁判』『ヘルタースケルター』『愛と誠』(共に12年)など。

MOVIE Collection