ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『ザ・マスター』ホアキン・フェニックス インタビュー

危険な宗教集団に引き込まれていく男を熱演!

『ザ・マスター』ホアキン・フェニックス インタビュー
自分の愚かな脳みそを停止させてその場の空気に身を任せた

ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞、主演男優賞W受賞、国際批評家連盟賞の4冠を成し遂げた『ザ・マスター』は、アルコール中毒の帰還兵が、ある新興宗教団体の指導者と出会い、強烈に惹きつけられる一方で、心がむしばまれていく様子を力強く描いた作品だ。

人間の本質に迫る重厚な作風で知られる天才ポール・トーマス・アンダーソン監督が、トム・クルーズやジョン・トラヴォルタも信仰していると言われる宗教集団サイエントロジーにインスパイアされて完成させたとされる作品で、互いに危険だと分かっていながらも磁石のように惹かれ合う2人の男を、スリリングに描き出している。

主人公の帰還兵を演じたのはホアキン・フェニックス。故リバー・フェニックスの弟でもある彼は、本作も含め3度、アカデミー賞にノミネートされた演技派だ。本作で人間の深層心理を深くえぐり出すような熱演を見せた彼に話を聞いた。


ホアキン・フェニックス
(C) Kazuko Wakayama
──あなたは一度、俳優引退を宣言し、2年後に復活しました。そしてその過程を撮ったフェイクドキュメンタリー『容疑者、フォアキン・フェニックス』(10年)を発表し世間を騒がせましたね。そして今回も様々な問題を提起するような本作に出演しています。俳優としてリスクを冒すことに惹かれるのですか?

フェニックス:統べてがコントロールされた映画では、自分の演技も無意識的にコントロールされていくような気がしてしまい、異なるやり方を試したくなるんだ。でも正直なところ、(主人公の)フレディをどんな風に演じたらいいか最初はわからなくて、とてもナーバスになった。あるシーンでは、ひとつのアイディアに固執するあまりうまくいかなくて……。それで自分の愚かな脳みそを停止させてその場の空気に身を任せたら、うまくいったんだ。そういうことが学べて、ベストな体験ができたと思っているよ。

(2013/03/26)


【関連記事】



ホアキン・フェニックス
Joaquin Phoenix

1974年10月28日生まれ、宗教団体「神の子どもたち」の宣教師だった両親の下に生まれる。兄は若くして亡くなった俳優のリバー・フェニックス。『スペースキャンプ』(86年)で映画デビュー。ニコール・キッドマンの相手役を演じた『誘う女』(95年)で高い評価を得る。また『グラディエーター』(00年)、『ウォーク・ザ・ライン/君につづく道』(05年)、本作『ザ・マスター』(12年)でアカデミー賞にノミネートされている。08年に俳優を引退し歌手に転向することを突然発表し世間を驚かせる。2年後の10年に義弟ケイシー・アフレック監督のフェイクドキュメンタリー『容疑者、フォアキン・フェニックス』で俳優復帰。歌手転向は演技だったことを明らかにした。

2013年3月22日よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国公開
[監督・脚本・製作]ポール・トーマス・アンダーソン [出演]ホアキン・フェニックス、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス [原題]THE MASTER [DATA]アメリカ/ファントム・フィルム/138分

MOVIE Collection