ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『デビルズ・ダブル −ある影武者の物語−』ラティフ・ヤヒア インタビュー

サダム・フセイン長男の影武者がモデルの衝撃作、そのモデルとなった本人が登場

『デビルズ・ダブル −ある影武者の物語−』ラティフ・ヤヒア インタビュー
映画を見るのはつらかった。気持ちを落ち着かせるために精神安定剤も……

サダム・フセインの長男で「狂気の申し子」と呼ばれていたウダイ・フセイン。残虐な性格で人々に恐れられ、父親の権力をバックに非道の限りを尽くしたウダイの影武者をつとめた男の半生を描いた衝撃作『デビルズ・ダブル』が、1月13日より公開される。

本作の主人公は実在の人物であるラティフ・ヤヒア。イラクの裕福な家庭に生まれた彼は、家族を守るために影武者をつとめることを余儀なくされ、ウダイの常軌を逸した日常に組み込まれていく。

殺人、強姦は日常茶飯事。拷問を楽しみ、父親の側近カーメル・ハンナを人々の面前で刺し殺す……。そんな衝撃的な日々を経験した末、ようやくウダイのもとから逃げ出し亡命を果たしたヤヒア。今回映画のキャンペーンのために来日した彼に、ムビコレ・スタッフがインタビューを行った。

『デビルズ・ダブル −ある影武者の物語−』より (C) Filmfinance VI 2011-All Rights Reserved
──衝撃的な内容ですが、映画を見た感想は?

ヤヒア:亡命してから20年が経ちますが、見ていて本当につらかったですね。気持ちを落ち着かせるために精神安定剤を飲まなければなりませんでした。妻が横について「映画だから」と言ってくれたのですが、拷問シーンなどは特につらくて、今も背中に残る傷跡に痛みが走るような感覚がありました。

──亡命後、安心を得るまでどれくらいの時間が必要でしたか?

ヤヒア:今もぐっすり眠ることはできません。ある程度の安心を得るために、亡命後に5年ほどカウンセリングに通いましたが、いまだにトラウマは癒えません。

(2012/01/30)


【関連記事】



ラティフ・ヤヒア
らてぃふ・やひあ

1964年6月14日イラク、バクダッド生まれ。バグダッド有数の実業家の息子として何不自由なく育ったが、エリート学校に入学したことでサダム・フセインの長男、ウダイ・フセインとクラスメイトとなる。大学卒業後、当時強制であった軍隊に入隊。しかし、ウダイにより前線から呼び戻され、1987-1991年をウダイの影武者として過ごす。その後、ヨーロッパへ亡命し、作家、国際法律博士となる。

2012年1月13日よりTOHOシネマズ 六本木ヒルズほかにて全国公開
[監督]リー・タマホリ [原作]ラティフ・ヤヒア [出演]ドミニク・クーパー、リュディヴィーヌ・サニエ、ラード・ラウィ、フィリップ・クァスト、ミムーン・オアイッサ、ハリド・ライス、ダール・サリム、ナセル・メマジア [DATA]2011年/ベルギー/ギャガ/109分/R18+
(C) Filmfinance VI 2011-All Rights Reserved

MOVIE Collection