ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『マリー・アントワネットに別れをつげて』レア・セドゥ インタビュー

フランスで最も注目されている若手女優を直撃!

『マリー・アントワネットに別れをつげて』レア・セドゥ インタビュー
映画は官能的でスリリングになり、原作とは違う新しい物語となった

フランス革命で死刑となった王妃マリー・アントワネット。そのドラマチックな最期に、朗読係だった少女の視点からアプローチした『マリー・アントワネットに別れをつげて』が12月15日より公開される。

フランスで最も権威ある文学賞のひとつフェミナ賞に輝きベストセラーとなった原作を、フランス映画界の重鎮ブノワ・ジャコー監督が映画化し、実際にヴェルサイユ宮殿でロケを敢行した話題作だ。

アントワネットに心酔し変わらぬ忠誠を誓ったものの、王妃から、死刑者リストに載ったポリニャック夫人の身代わりになるよう命令された主人公シドニー。その揺れ動く心と決断をレア・セドゥが巧みに演じている。大手映画会社会長の祖父を持ち、モデルとしても活躍する彼女は、今、フランスで最も注目されている若手女優の1人だ。そんな彼女に話を聞いた。


レア・セドゥ
──マリー・アントワネットはとても有名ですが、あなたが演じたシドニーのことはほとんど知られていません。シドニーとはどんな人物だったのでしょうか?

セドゥ:私の役は、王妃マリー・アントワネットに仕える朗読係なの。知られていないけれど、実在した女性なのよ。
 ただ、原作でシドニーは50歳くらいの女性なんだけど、映画化にあたり設定年齢が下げられたの。そうすることでマリー・アントワネットに対する憧憬や、彼女に振り回される様子に説得力が増し、とても官能的でスリリングになり、原作とは違う新しい物語となったと思うわ。
 この映画の原作を書いたのはシャンタル・トマという女性作家で、彼女は資料を調べ、シドニー・ラボルドというマリー・アントワネットの第2補助朗読係の存在を知ったの。そして小説を書き上げたのよ。シドニーはそんなに知られていない人物だから、物語の大部分は想像を膨らませて描かれているのだと思うけれど、彼女はマリー・アントワネットに対して強い憧憬をもっていたのね。

──初めて脚本を読んだときの感想は?

セドゥ:とても気に入ったわ。脚本を読んだのは撮影に入るずっと前、たしか2年前だったと思うわ。だけど、製作開始までに少し時間がかかってしまったので、撮影は昨年だったのよ。

(2012/12/14)


【関連記事】



レア・セドゥ
Lea Seydoux

1985年7月1日生まれ、フランスのパリ出身。大手映画会社パテの会長を祖父に、ゴーモンの会長を大おじにもつサラブレットで、プラダの香水のCMにも出演するなどモデルとしても活躍。06年に『Mes copines』で映画デビュー、『美しいひと』(08年)で注目を浴び、クエンティン・タランティーノ監督の『イングロリアス・バスターズ』への出演を通じ国際的にも活躍するように。主な出演作は『ルルドの泉で』(09年)、『ロビン・フッド』(10年)、『ミッション:インポッシブル/ゴースト・プロトコル』(11年)など。

2012年12月15日よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国順次公開
[監督・脚本]ブノワ・ジャコー [原作]シャンタル・トマ [出演]レア・セドゥ、ダイアン・クルーガー、ヴィルジニー・ルドワイヤン [原題]FAREWELL, MY QUEEN [DATA]2012年/フランス、スペイン/ギャガ/100分/PG12
(C) 2012 GMT PRODUCTIONS - LES FILMS DU LENDEMAIN - MORENA FILMS - FRANCE 3 CINEMA - EURO MEDIA FRANCE - INVEST IMAGE

MOVIE Collection