ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『FRINGE/フリンジ』『パーソン・オブ・インタレスト』『ALCATRAZ/アルカトラズ』J.J.エイブラムス インタビュー

『LOST』『フリンジ』など話題作を次々放つヒットメーカーを直撃!

『FRINGE/フリンジ』『パーソン・オブ・インタレスト』『ALCATRAZ/アルカトラズ』J.J.エイブラムス インタビュー
今はテレビの黄金期だと思っている

世界的メガヒットドラマ『LOST』を手がけたヒットメーカー、J.J.エイブラムス。そんな彼の最新ドラマ3作品が、この秋、立て続けにリリースされた。

女性FBI捜査官と天才科学者の親子が、全米各地で起こる怪事件や超常現象を捜査していく『FRINGE/フリンジ〈フォース・シーズン〉』。ホームレスに身を落とした元CIAエージェントと天才技術者が、“未来”に起きる凶悪犯罪を解決していく『パーソン・オブ・インタレスト〈ファースト・シーズン〉』。そして、脱獄囚たちが50年の時を超えてよみがえり暴れ出すという『ALCATRAZ/アルカトラズ』。

これらの話題作について、エイブラムスに話を聞いた。


J.J.エイブラムス
──今まで手がけてきたテレビシリーズのなかで、1番気に入っているのは?

エイブラムス:とりわけ好きなのは『フェリシティの青春』かな。何せ、テレビシリーズを手がけたのは初めてだったから多くを学ばせてもらったし、とても心温まる楽しいシリーズだ。でも『エイリアス』や『LOST』も好きだし、どれか1つに絞るのは難しいね。

──スティーヴン・スピルバーグやマーティン・スコセッシをはじめ、テレビシリーズを本格的に手がける映画監督が増えています。それについてあなたが思うこと、そしてテレビ業界の現状について教えてください。

エイブラムス:様々な企画のうち、パイロット版(試作)にこぎ着けられるのはごくわずかだし、パイロット版のなかでも放映されるのはさらにごくわずか。また、放映されても、1シーズン以上続くのもごくわずかだ。だから、常にチャレンジなんだけど、そうはいっても、今はテレビの黄金期だと思っている。 今、長編映画については、スタジオは常にマーケティングの観点から製作を決定していて、リスクに挑むことが少なくなってきている。でも、その分、テレビではリスクを厭わない企画が増えてきている。結果、海外も含めて、テレビではワクワクするような面白いシリーズがどんどん出てきている。映画ファンにとっては残念だけど、今は映画よりもテレビの方が面白いものが見られるんだ。
 映画でもオリジナリティを打ち出したいところだけど、最近のトップ10リストを見ても、10年前やそれ以前に比べると、続編・リメイク・リブート(再起動)ばかりだよね。だから、今はテレビの方が面白い。テレビが映画よりも劣等だという偏見もなくなってきているので、脚本家や監督、俳優が映画からテレビに流れ込んできている。そして、独創性に富んだりエッジが効いていたり、キャラクターもストーリーも面白い作品がどんどん増えているんだ。

(2012/11/09)


【関連記事】



J.J.エイブラムス
J.J. Abrams

1966年6月27日生まれ、ニューヨーク出身でロサンゼルスで育つ。ハリソン・フォード主演作『心の旅』(91年)や『アルマゲドン』(98年)などで脚本を担当。『フェリシティの青春』(98年)の製作総指揮をつとめテレビ界に進出。以後、『エイリアス』(01年〜06年)、『LOST』(04年〜10年)などの人気ドラマを手がける。また監督としても活躍し、『M:i:III』(06年)、『スター・トレック』(09年)などを手がけている。

MOVIE Collection