映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

トップ >> インタビュー&会見

『鍵泥棒のメソッド』堺雅人&広末涼子&香川照之インタビュー

『鍵泥棒のメソッド』堺雅人&広末涼子&香川照之インタビュー
内田監督の現場って本当にラクなんです(堺)

『運命じゃない人』(04年)『アフタースクール』(08年)で映画ファンたちをうならせた内田けんじ監督。その最新作が、堺雅人、香川照之、広末涼子という人気・実力を兼ね備えた豪華な3人が顔をそろえた『鍵泥棒のメソッド』だ。

本作で内田監督が描くのは、売れない役者(堺雅人)と伝説的な殺し屋(香川照之)、そして婚活中の女性編集長(広末涼子)の3人が巻き起こす喜劇。先が読めず意外な展開を見せるこの物語の住人を演じた堺、香川、広末の3人が、内田監督との仕事について語った。


──まず、内田監督と仕事をした感想をお聞かせください。
堺雅人

:内田監督の現場って本当にラクなんです。監督の頭のなかに、完成された“間”とお芝居があるので的確に指示をしてくださるし、その指示に精一杯答えていけば内面もそこに近づいていける。本当にラクだなぁと毎シーンつぶやきながら演じてました。前作(『アフタースクール』)も同じでしたが、ただ前回は作品の性質上、すごくたくさんのルールがありましたけど、今回はそのルールが少し減って、香川さん、広末さんをはじめとする共演者の方々とのハーモニーとかその場でしか起きないブレが生かされていると思います。

香川:“屈した”っていう気分です。脚本を読み込めてなかった……と。もっと細かくひだを読み取らなくてはいけないのに、気分で押し切って、読めているつもりでも読めていなかったと思い知りました。内田監督から“形”を与えてもらうことで、自分では感情で、右脳で演技しているつもりだったのに、実は形で演じていたことに気づかされる。内田監督から形を与えられ、それによって感情を作ってもらえる──形によって形から脱せられるというんですかね。不思議な二重構造、三重構造というのが毎日起きていました。これは初めての体験で、あの脚本でこの演出は内田さんにしかできないだろうなと思いました。若い頃に戻ったような新鮮さがありましたし、久しぶりに離れがたい作品になりました。

広末:ドキドキしました(笑)。年齢もキャリアも重ねてきたせいか、最近は「お任せします」と渡されて、役者陣で練って・こねて・熱くしてお芝居を作っていくような現場が多かったんです。でも今回は、自分の意思や思いに勝る、熱い監督の完全なお芝居の構成があったので、そこにどう近づくかという芝居作りがすごく新鮮でした。毎回、OKをもらえるかドキドキしながら本番を重ね、「OK!」って言われたときにすごく嬉しくてホッとする、こういう緊張感って大切だなと改めて感じました。

(2012/09/14)


【関連記事】



【スポンサードリンク】


堺雅人
さかい・まさと

1973年10月14日生まれ、宮崎県出身。早稲田大学在学中に劇団「東京オレンジ」の旗揚げに参加、舞台を中心にキャリアを積む。04年にNHK大河ドラマ『新撰組!』に出演し注目を浴びる。08年に再びNHK大河ドラマ『篤姫』で徳川家定を演じブレイク。主な出演映画は『アフタースクール』(08年)、『ジェネラル・ルージュの凱旋』『南極料理人』(共に09年)、『武士の家計簿』(10年)など。

香川照之
かがわ・てるゆき

1965年12月7日、歌舞伎役者の二代目市川猿翁と女優・浜木綿子の間に生まれる。89年にNHK大河ドラマ『春日局』で俳優デビュー。カンヌ国際映画祭グランプリ受賞作『鬼が来た!』(00年)に出演し注目を集める。主な出演映画は『トウキョウソナタ』(08年)、『あしたのジョー』(11年)、『るろうに剣心』(12年)など。12年に九代目市川中車を襲名し46歳にして歌舞伎の初舞台を踏んだことでも話題を呼んだ。

広末涼子
ひろすえ・りょうこ

1980年7月18日に神奈川県で生まれ、高知県で育つ。95年にクレアラシルのCMで芸能界デビュー。CMやドラマなどで活躍する一方、歌手としても人気を博す。97年に『20世紀ノスタルジア』で映画デビュー。結婚、出産を経て、アカデミー賞外国語映画賞受賞作『おくりびと』(08年)に出演しさらなる注目を集める。主な出演作はNHK大河ドラマ『龍馬伝』(10年)、映画『ゼロの焦点』(09年)など。

2012年9月15日よりシネクイントほかにて全国公開
[製作]深瀬和美、赤城聡、大西洋志 [監督・脚本]内田けんじ [主題歌]吉井和哉 [出演]堺雅人、香川照之、広末涼子、荒川良々、森口瑤子 [DATA]2012年/日本/クロックワークス/128分
(C) 2012『鍵泥棒のメソッド』製作委員会

スペシャルインタビュー

SPECIAL INTERVIEW
    『複製された男』ジェイク・ギレンホール インタビュー

    『複製された男』ジェイク・ギレンホール インタビュー

    ジェイク・ギレンホール

    2人の“自分”を見事に演じ分けたハリウッドきっての若手演技派


    『ダイバージェント』シェイリーン・ウッドリー インタビュー

    『ダイバージェント』シェイリーン・ウッドリー インタビュー

    シェイリーン・ウッドリー

    主演作が1億ドル超の興収に! ハリウッドで最も稼ぐ若手女優を直撃

    『パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト』デイヴィッド・ギャレット インタビュー

    『パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト』デイヴィッド・ギャレット インタビュー

    デイヴィッド・ギャレット

    女性を虜にする「クラシック界のベッカム」が、音楽家としての孤独について言及

    『怪しい彼女』シム・ウンギョン インタビュー

    『怪しい彼女』シム・ウンギョン インタビュー

    シム・ウンギョン

    イ・ビョンホンも絶賛の演技力! 韓国映画界きっての期待の若手女優