ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『キスカム!〜COME ON, KiSS ME AGAiN! 〜』堀田茜インタビュー

キスの角度や長さを監督とたっぷりディスカッション!

『キスカム!〜COME ON, KiSS ME AGAiN! 〜』堀田茜インタビュー
私も恋愛よりも仕事や夢の方が上なので、すごく共感

『キスカム!〜COME ON, KiSS ME AGAiN! 〜』
近日公開
(C)2019吉本興業
“見たら今すぐキスしたくなる”をテーマに、恋人にフラれた主人公・橋口海(葉山奨之)が“恋愛コンサルタント”を営む子会社へ出向を命じられたことから、仕事や自分に向き合う姿を描いた映画『キスカム!〜COME ON, KiSS ME AGAiN! 〜』が4月3日より公開する。

本作で海の恋人・サヤを演じ、女優業のほかファッション誌「CanCam」の専属モデルやバラエティー番組『世界の果てまでイッテQ!』の体当たりロケなど多方面で活躍している堀田茜に、活動の原動力やキスシーンを演じた感想を聞いた。


──本作の感想はいかがでしたか?

堀田:「キスカム」が題材になっているキャッチーさもありますし、自分にとって新しい作品でした。蓋を開けてみるとリアルな人間関係や恋愛要素だけではなく、サヤの恋愛よりも仕事よりも自分のやりたかった夢を追いかけていく姿が自分にとっても理想の女性像で、そういう女性を演じられて嬉しかったです。私も優先順位で言うと恋愛よりも仕事や夢の方が上なので、すごく共感できました。

──特にサヤで印象に残っているシーンは?

堀田:葉山君演じる海ちゃんとサヤがケンカするシーンで、最後にサヤの「世界中を敵に回しても、これがやりたいとちゃんと言える自分でいたい」というセリフが自分の胸にも突き刺さりました。自分の中でも大切で、今の自分とサヤがリンクしたと思えたセリフでしたね。

──観客にはこの映画でどんな所を見て欲しいですか?

堀田:キュンキュンさせてくれるし、見てくださった方の背中を押してくれる映画だと思います。なので、やりたいことがあるけどなかなか踏み出せない会社員の方とか、好きな人がいるけど振り向いてもらえない男の子とか、ちょっと悩みがあるけど人に言うほどではないかもしれないと思っている人に見て欲しいです。そういう人が見てくれたらポンと背中を押してくれると思います。

──メガホンを取った松本花奈監督は若手女性監督として話題ですが、どんな印象でした?

堀田:年下というのを忘れさせてくれるくらい凛とした筋の通った方で、とてもやりやすかったです。見た目は穏やかでぽわっとした空気を漂わせていましたけど、話してみるとクリエイターとして考えがしっかりしている方ですごく尊敬しました。

──撮影中はどんな感じでした?

堀田:基本的にこちら側に寄り添ってくれる監督なので、とても信頼されている感じがして嬉しかったです。具体的な指示よりは「この時のサヤの心情はこういう感じなので、もっと強く言ってくれていいですよ」とか分かりやすく的確に端的なアドバイスが多かったので、飲み込みやすかったです。

──映画『ダウト〜嘘つきオトコは誰?〜』に続いて本作でもキスシーンがありますが、今回は女性監督ということで演出の違いなどは感じましたか?

堀田:変な緊張感が現場にありましたね(笑)。でも、変にリラックスさせようともしないし、変に緊張させようともしないし、ただただそこに監督がいてくれたという感じでした。気を使って何テイクも撮らないようにしてくださったので、あとは自分との戦いでした。逆に、キスする時の角度や画面への入り方はとても計算されていて、どういう角度で入ってどれくらいキスをして、どれくらいの間を置いてセリフを言うと印象的になるかなど、そういう所は結構ディスカッションしました。

──堀田さん以外にも綺麗なものからユニークなものまで様々なキスシーンが出てきますが、印象に残っているキスはありますか?

堀田:塚本(高史)さんのマネキンとのキスは結構衝撃的でした(笑)。塚本さんだからできるような感じだと思いましたし、凄く勉強になりました(笑)。

──女優にモデル、バラエティー番組の出演などマルチに活躍されていますが、活動のモチベーションにしていることは?

堀田:お芝居はまだ自信がないですけど、その中でも、褒めてもらえたり、見た人から「ここが良かったよ」と言ってもらえるとすごくモチベーションが上がります。ファッションも好きなので好きなファッションの撮影が入るとそれはそれでほかのものも頑張ろうと思いますし、バラエティーもただただ楽しくて一番等身大の自分でいられる場所ですし、それぞれが相乗効果になっていいバランスになっていると思います。

──理想的なバランスになっているんですね。

堀田:そうですね、色々やらせてもらっていてどれも楽しくて好きなことなので続けたいと思います。今はお芝居がもっと上手くなりたいくて。バラエティーのイメージも強いと思うのでこれからどうなるか分かりませんが、マイペースに好きな作品に出られるようになれたらと思っています。

──ちなみに『ダウト』で映画初主演を経ての作品でしたが、気持ちの変化などはありましたか?

堀田:『ダウト』を経験したことで主演の大変さを本当に実感しましたし、なかなかさせていただけることではなかったので、とてもいい経験でした。主演を経験できたことによって脇の人たちがいかに主演の人を支えてくれていたのかを実感しましたので、逆に少しでも支えられるような存在になりたいと思いました。

──今年の目標は?

堀田:お芝居はまだまだですけど、モデルだったら定期的に撮影があったり、バラエティーだったらちょっとずつ呼んでくれる番組が増えてきていたり、それぞれのベースが少しずつできてきた実感はあるので、それぞれの軸をより太くしたいと思っています。

──なかなかその3つを軸にされている方はいないので、新鮮なポジションですよね。

堀田:自分もどこへ向かっているのかたまに分からなくなります(笑)。でも、10年20年続けて「堀田さんって唯一無二だよね」って思ってもらえるような存在になりたいと思います。

──堀田さんは可憐なイメージの反面、バラエティーではガッツのある一面も見せていますが、ご自身は体育会系だったりするのでしょうか?

堀田:だと思います(笑)。例えば、年上の人になかなかタメ口が聞けなかったり。もちろんそうあるべきだと思いますけど、「タメ口でいいよ」と言ってくださってもなかなかできなくて。関係によってはそういうフレンドリーなほうが距離が縮まると思うのですが、殻をやぶれなくて固くなってしまうところがありますね。あと、「やれ」と言われたことは言い訳せずにやらないといけないと思ってしまうところもあります。問答無用で期待に応えないといけないと思ってしまうところはバラエティーに出てしまっているかもしれないです(笑)。

──例えば、映画の現場だったら監督から厳しく演出されても向かっていくタイプだったり?

堀田:そうですね、そうだと思います。

──演出される時は褒めてくれるタイプと厳しいタイプの監督だったらどちらがいいですか?

堀田:そこに関しては褒めてくれる方がいいです(笑)。厳しく言われるのも成長につながるのでそれはそれでありがたく思いますが、自信がないので、「ダメだ!」と言われ続けたら本当にダメな方向に行ってしまいがちで、自信のなさが現れてしまうと思うんです。ですので、ちょっとでも褒めて欲しいですね。

──先ほど「自信がない」とおっしゃっていましたけど、現場へ臨む前に心がけていることはありますか?

堀田:不安症なので自分にできることは全部していこうと思っています。お芝居だったらセリフを覚えてイメージを作ったり、やれることを全部やりきって現場に行く事が安心材料になっていますね。

──最後に、今女優としてやってみたいことがあれば教えてください。

堀田:バラエティーをやっていることが強みになるかは分からないですけど、コメディが好きなのでいつか福田雄一監督の作品とかで、はめを外した役をやってみたいです。


(text&photo:ナカムラ ヨシノーブ)
(スタイリスト:野村昌司/ヘアメイク:NAYA)

(2020/03/31)


【関連記事】



堀田茜
ほった・あかね

1992年10月26日生まれ。東京都出身。2009年に「第12回全日本国民的美少女コンテスト」の本選出場をきっかけにオスカープロモーションに所属し、2012年から本格的に芸能活動を開始。ファッション誌「CanCam」のモデルやバラエティー番組『世界の果てまでイッテQ!』での出川ガールとして体を張ったパフォーマンスなどマルチに活躍。映画では『不能犯』(17年)、『アパレル・デザイナー』(19年)などに出演。『ダウト〜嘘つきオトコは誰?〜』(19年)で初主演。今後は、4月スタートのドラマ『ピーナッツバターサンドウィッチ』(MBS他)、5月スタートのドラマ『異世界居酒屋 のぶ』(WOWOW)に出演。

MOVIE Collection