ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『“隠れビッチ”やってました。』佐久間由衣×村上虹郎インタビュー

ビッチとバイ演じた2人が撮影秘話を語る!

『“隠れビッチ”やってました。』佐久間由衣×村上虹郎インタビュー
「まだ振り切れていない」と言われて、がむしゃらに演じました(佐久間)

『“隠れビッチ”やってました。』
2019年12月6日より全国公開
(C)2019『"隠れビッチ"やってました。』フィルムパートナーズ
男受けする清楚なワンピースを着て相手の気を引き、告白されたら用済みとばかりにフェイドアウトする主人公・ひろみ。そんなひろみに対し、シェアハウスの同居人であるコジ(村上虹郎)はあきれ、彩(大後寿々花)は「最低の“隠れビッチ”」と言い放つ。そんなある日、ひろみは翻弄したはずの相手を本気で好きになってしまったことに気付くのだが……。

イラストレーターで漫画家のあらいぴろよの実体験に基づいた同名のコミックエッセイを映画化。自分に自信がないゆえに男にモテることで心の隙間を埋めていく主人公を演じるのは、モデルを経て女優としてステップアップしている佐久間由衣。同居人のバイの男友だち・コジ役には、映画や舞台で活躍する村上虹郎。フレッシュな2人に、撮影を振り返ってもらった。


──主人公の荒井ひろみと、小島晃こと“コジ”に扮したお二人ですが、自分の役をどのようにとらえましたか?

佐久間:彼女の生い立ちも関係していますが、とにかく承認欲求が強い女の子なんだな、と思いました。それで異性に走り、相手に告白されることで優越感を抱いて、周囲を振り回している。でも、どこかまっすぐで嫌いにはなれない子だな、と思いました。

村上:コジ役は、見たままなんですけど(笑)。(ひろみと彩の)守護天使的な存在でもあるし、お母さん的な存在でもあります。なかなか大変な女子2人を見守りながら同居しているので、彼はまともなんです。でも、彼は最初からまともだったわけではなくて、きっと早い段階で傷ついたりしていろいろな経験をして今にいたったのだと思います。

──お互いに相手の役をどのように見ていましたか?

佐久間由衣と村上虹郎
佐久間:私はコジのことを完全にお母さんのように思っていました(笑)。だからこそ3人の同居が成り立っているんじゃないかな。でも、彼が本気を出したときは、女の子たちは何も言えないんですよね。ときには男性であり、ふだんは甘えられるお母さんのような存在でした。

村上:それでいったら、コジにとってひろみは娘みたいな存在なんですけど(笑)。設定としては、コジはおばあちゃんから受けついだ家を持っていて、部屋が空いているからシェアハウスにしているのですが、誰が入居してもいいというわけではなくて、やはり2人のことを人間的にいい子だな、と思っているから住まわせているんじゃないかな。朝食を一緒に食べて、それぞれの生活をして、ときにはケンカもして。僕のまわりにはない面白い関係性ですよ。

──ひろみの役はともすると嫌な女の子に見えてしまう危険があります。観客に“この子は憎めない、共感できる”と思わせることが映画の成功につながると思いますが、佐久間さんはどのようなことを意識して演じられましたか?

佐久間:台本を読んでいたときは、はたして応援してもらえるようなキャラクターになるのかなあという不安と、そうしないといけないという気持ちがありました。でも、現場に入ってからはあまり考えませんでしたね。ただ、細かい部分ではこだわりました。例えば、ひろみが家にいるときの服装なんかも、ドラマや映画の世界ではモコモコの可愛い部屋着を着ていたり、ちょんまげみたいなヘアスタイルにしていたりするじゃないですか。でも、女の子たちに共感してもらうためには、そういう可愛さはいらないということになって。なので、振り切って演じるようにしました。でも、監督には、「まだ振り切れていない」と何度も言われまして、現場ではとにかくがむしゃらでした。小器用に演じるのではなく、一生懸命に演じることで、そんな私の痛々しさがひろみの痛々しさになり、ダイレクトに届くのかな、と撮影が終わってから思いました。

(2019/12/02)


【関連記事】



佐久間由衣
さくま・ゆい

1995年3月10日生まれ 。14年女優デビュー。2015年に『トランジットガールズ』でドラマ初主演。17年NHK連続テレビ小説『ひよっこ』でヒロインの親友役を演じ注目を集める。主な出演作はドラマ『明日の約束』(17年)、『チア☆ダン』(18年)、映画『あの日のオルガン』(18年)など。現在はドラマ『ニッポンノワール-刑事Yの反乱-』に出演中。12月13日より映画『屍人荘の殺人』が公開される。第32回東京国際映画祭では、東京ジェムストーン賞を受賞。

村上虹郎
むらかみ・にじろう

1997年3月17日生まれ、東京都出身。2014年、第67回カンヌ国際映画祭コンペティション部門出品作『2つ目の窓』で俳優デビュー。翌年、「書を捨てよ町へ出よう」で舞台初出演にして初主演をはたす。以降、ドラマ「仰げば尊し」(16年)、映画『ディストラクション・ベイビーズ』(16年)、『銃』(18年)、『ある船頭の話』(19年)などがあり、公開待機作に『ソワレ』(20年公開予定)、2020年2月より公演される主演舞台「ウエスト・サイド・ストーリー」Season2がある。

MOVIE Collection