ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『影踏み』山崎まさよし×篠原哲雄監督インタビュー

『月とキャベツ』の名コンビが再び挑む異色作

『影踏み』山崎まさよし×篠原哲雄監督インタビュー
山ちゃんは、昔に比べると図太くなったと感じている(監督)

『影踏み』
2019年11月15日より公開中
(C)2019「影踏み」製作委員会
『半落ち』や『クライマーズ・ハイ』など、映画やドラマに多大な影響を与えている人気ミステリー作家の横山秀夫。警察小説の第一人者ともいわれている横山だが、プロの窃盗犯が事件を解明する異色の小説「影踏み」がついに映画化された。

今回、原作者本人から指名を受けたのは、篠原哲雄監督と主演を務めた山崎まさよし。1996年に『月とキャベツ』で初タッグを組んで以来、いまや盟友となった2人に、本作の魅力やお互いのことについて語ってもらった。


──まずは原作を映像化するうえで、難しかったのはどのあたりでしょうか?

監督:今回は中心にいる人物を現実化するにあたって、原作のいいところをなるべくチョイスすることは意識しましたが、サスペンスの描き方などでどうしても省かざるを得ないところもあったので、そういう部分は苦労しました。ただ、主人公が抱えていることをきちんと形にしていくという点に関しては、できたとは思っています。

──もともと山崎さんは横山秀夫さんの作品をすべて読まれていたそうですが、ファンである山崎さんから見て、篠原監督の描く本作の魅力はどんなところだと思いますか?

インタビュー中の山崎まさよし(左)と篠原哲雄監督(右)
山崎:この作品はあまり説明過多ではないので、シチュエーションがどんどん重なっていきますが、そのなかでも心象風景を語らずして観客に伝える表現が篠原監督の作品にはあると感じました。小説の場合、主人公が寡黙だとしてもある程度セリフで語っているとは思いますが、僕が演じた真壁は「何とか言えよ!」と突っ込みたくなるくらい喋らないので、そこに対する難しさはあったと思います。

──今回、「官」ではなく「民」の主人公であることと、アウトローが活躍する小説であることがご自分にも合うキャラクターだと山崎さんは思われたそうですが、それはどういう部分に感じたのかを教えてください。

山崎:税金を払っていくなかで、民の人は官の人に対して「俺らの税金で食べやがって」みたいな恨み節が心のどこかにあると思うんですよね(笑)。そういうところがまずひとつ。あとは、僕自身がソロアーティストで個として活動していますが、この主人公も一人で活動しているわけですから、ある意味では共通項があるのかなというのは感じました。

──そのなかで、ご自身も主人公と同じように壁にぶち当たった経験はありましたか?

インタビュー中の山崎まさよし(左)と篠原哲雄監督(右)
山崎:一人でいると、「これは正しいものなのか」「どこかで道を外していないだろうか」「ただ自分の欲望のままにやっていることではないだろうか」といった判断を自分で下すことがなかなかできないんですよね。つまり、個として生きていくというのは、そういった危うさをずっと持ちながら社会や周りを見て、きちんと自分で進んで行くことが必要なんだと思います。なので、壁にぶち当たるというか、壁はつねにあるものだと感じていますよ。そのなかで、その壁を掘っていくような感覚で前に進んで行っているところです。

──監督は、山崎さんのそういった背景もあってこの役に起用されたのでしょうか?

監督:ミュージシャンと泥棒が似ている点についての話もありましたが、ほかに頼るものもなく、自分一人でやっていくことへの共通点は確かにあると思います。でも、だからといって山ちゃんをキャスティングしたわけではなく、事前に横山さんご本人から『影踏み』を提案されたときに「警察官役よりは合っているし、これはおもしろくできるんじゃないかな」という風には考えました。

──また、今回は『月とキャベツ』と同様に群馬でのオールロケとなりましたが、群馬で必ず訪れる場所やすることはありますか?

『影踏み』撮影中の様子
山崎:まず群馬に行くと、「登利平」の鳥めしは食べますよね。

監督:うん、食べるね(笑)。あと、必ず行く場所といえば、伊参スタジオかな。

山崎:そうですね。

監督:あそこは『月とキャベツ』で僕たちが合宿をしたところであり、映画を作っていた場所でもありますから。しかも、2001年から開催されている「伊参スタジオ映画祭」では『月とキャベツ』を毎年上映してくれているんですよ。僕はそこで行われているシナリオ大賞の審査員でもあるので、毎年訪れていますが、そんな風にこの作品を欠かさずに上映してくれていることは非常に大きなことだと思います。

──長年通われるなかで、街の景色なども変化していると感じていますか?

監督:伊参スタジオがある中之条町も以前は田舎でしたが、いまでは「中之条ビエンナーレ」というアートイベントを開催したり、この20年間で文化的に大きく変わりましたよね。伊参スタジオも廃校になった建物でしたが、『眠る男』の撮影にも使われたこともあり、いまでは映画の施設のようなところになっていますから。『眠る男』と『月とキャベツ』の資料館でもあるので、今度から『影踏み』のブースもできるのかなと期待しているところです。

──では、今回の撮影で新たに思い出ができた場所や忘れられないシーンを撮影したところがあれば教えてください。

山崎まさよし
山崎:忘れられないところばかりですが、挙げるとすれば、文房具屋と真壁の恋人である久子のアパートには思い入れがありますね。

監督:でも、残念ながらあのアパートは無くなってしまうらしいんだよね。

──ということは、ロケ地巡りをするならいまのうちにしておいた方がいいですね。

監督:まだあるのか僕にもわからないですが、そうですね。あと、前橋は官公の町なので、裁判所とか刑務所も印象に残っています。

山崎:確かに、刑務所もすごかったですよね。

監督:それから、伊勢崎は住宅が多いエリアで、旅館とか映画館とか飲み屋に行くとなると高崎。そんな風に、群馬のなかでも場所によっては「ハレとケ」みたいに、非日常と日常に分かれている感じなんですよ。

──本作は山崎さんにとって14年ぶりの主演作となりましたが、篠原監督だったからオファーを受けたところもありますか?

山崎:そうですね。監督だけでなく、『月とキャベツ』の撮影部も録音部もプロデューサーもみんながまた集結していて、「みんな集まるけど、どうする?」と言われたら断る理由がないですよね。ノーとは言えないですよ(笑)。逆に、もし呼ばれなかったら「誰がやるんだろう」と気になりますし、「俺のこと呼んでくれないんだ……」みたいにもなるので、それは避けたかったです。

監督:じゃあ、今後もまたお願いしますね(笑)。といっても、今回の場合は『月とキャベツ』の20周年がきっかけで、「また組めたらいいね」という流れでもあったので、何をするかということは重要でした。そのなかで、山ちゃんができる役かどうかを考える意味でも、『影踏み』にはいい感じで至ったと感じています。

──その『月とキャベツ』で最初にタッグを組んでから、すでに20年以上の時が経ちました。当時と比べて、変わったと思うところと変わらないなと思うところをそれぞれ教えてください。

山崎:篠さんは白髪が増えて、少し太ったくらいかな(笑)。

監督:そうだね。山ちゃんも少し太ったのと、目が一重から二重になったところとか?

山崎:(笑)。確かに、あの当時は一重でしたよね。

──外見だけで、内面的な部分では変わっていないですか?

山崎:そうですね。篠さんは基本的に変わっていないと思いました。

監督:山ちゃんはあのときに比べたら、どこか図太くなったところはあるんじゃないかな。

山崎:それはそうですね。当時は全部が初めてでしたから。

監督:『月とキャベツ』ではミュージシャン役であったので、自分自身を投影することが役作りにおいて一番の近道でしたが、今回はまったく違う人物。キャラクターを作り上げる過程で求められていたのは、演じながら役と自分を行ったり来たりする作業だったので、結構大変だったんじゃないかな。特に、普段の山ちゃんのライブでは観客に対してユーモアがありますが、今回はダークな部分を引き出しつつ、じっと何かを探ったり、人に何かを問いかけたりをさりげなくする役どころでしたから。そういう意味では、「俳優・山崎まさよし」が大きく成長したと思います。

──それを聞いて、いまのお気持ちはいかがですか?

山崎:やっと俳優と認めていただくことができましたね(笑)。というのは冗談ですが、僕自身にとっては、篠原哲雄監督の現場に対しての安心感がありました。

──とはいえ、今回の現場では監督からお芝居に関しては、特に何も言われなかったそうですが……。

山崎:はい、丸投げ放置プレイでした(笑)。

監督:そう言われると、僕が何もしていないみたいですけど、場の雰囲気をどう作るかが監督の仕事。僕はそのなかで俳優に好きなようにやって欲しいんですよ。なので、普段から僕は俳優に対して「こうやってください」ということはほとんど言わずに、「どう思う?」とよく聞くようにしています。僕としてはその人がいかにその役でいられるか、ということが大切なんです。

(2019/11/15)


【関連記事】



山崎まさよし
やまざき・まさよし

1971年12月23日生まれ、山口県出身。1992年にRCサクセションの「トランジスタ・ラジオ」のカバーシングルでデビュー。1995年には「月明かりに照らされて」でメジャーデビューを果たす。近年はアルバム「LIFE」(16年)やDVD「String Quartet“BANQUET”」(19年)などを発表している。最新作は3年ぶりのオリジナルアルバム「Quarter Note」(19年)。俳優としては、篠原哲雄監督の映画『月とキャベツ』(96年)で初主演し、主題歌の「One more time, One more chance」を手がけ大ヒットし話題となる。主な出演作は、ドラマ『奇跡の人』(98年)、劇中の音楽も手掛けた主演作『8月のクリスマス』(05年)など。篠原哲雄監督とはショートフィルムのオムニバス映画『Jam Films』(02年)の一編『けん玉』でもタッグを組んでいる。

篠原哲雄
しのはら・てつお

1962年2月9日生まれ。東京都出身。明治大学法学部を卒業したのち、森田芳光、金子修介、根岸吉太郎の助監督に就きながら、自主制作を開始する。1989年に『RUNNING HIGH』がPFF89特別賞を受賞し、1993年には『草の上の仕事』で神戸国際インディペンデント映画祭のグランプリを受賞。その後、山崎まさよしが主演した初長編作品の『月とキャベツ』(96年)がヒット。主な監督作は、『はつ恋』(00年)、『昭和歌謡大全集』(03年)、『花戦さ』(17年)、『ばぁちゃんロード』(18年)など。『月とキャベツ』のスタッフが再結集して制作した『君から目が離せない Eyes On You』(19年)でも、山崎まさよしが主題歌を担当している。

MOVIE Collection