ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

『ひとよ』鈴木亮平インタビュー

和製デ・ニーロが新たに挑む、過去と苦悩を抱えた役どころ

『ひとよ』鈴木亮平インタビュー
言葉にできないものって、本能がすごく働いてると思います

『ひとよ』
2019年11月8日より全国公開
(C)2019「ひとよ」製作委員会
どしゃぶりの雨の夜、タクシー会社を営む稲村家で妻が夫を殺めた。3人の子どもたちを夫の暴力から守り、幸せにするために。そして15年後の再会を誓って家を去った母は、約束どおり帰還し、大人になった子どもたちとの再び対面する。

ある一夜に起きた事件によって大きく運命を変えられた親子を中心に、周囲の人々をも巻き込んで織りなす人間模様、言葉にならない家族の絆を映像に描き出す『ひとよ』。東京でフリーライターをしている次男と、地元に残って夢を諦めた日々を送る妹の板挟みになっているのは長男・大樹だ。勤勉なサラリーマンで妻子もいる大樹を演じた鈴木亮平に話を聞いた。


──白石和彌監督は素晴らしい作品をたくさん撮られていますが、個人的に今作が一番好きでした。

鈴木:伝えておきます。ちなみにどの人に感情移入しました?

──松岡茉優さんが演じた妹の園子です。

鈴木亮平
鈴木:そうですか。それがね、聞いてみると一人一人違うんです。女性の方は母のこはる(田中裕子)が多いですね。若い男性は次男の雄二(佐藤健)だし、僕ぐらいの年齢は大樹だし、全然違うんですよね。

──鈴木さんが感情移入するのは?

鈴木:やはり、僕も家庭があるので、やっぱり大樹ですかね。

──―その大樹ですが、とても難しい役だったのではないでしょうか。佐藤健さんが演じる次男の雄二と対照的に、ずっと耐えるというか、思いを内に秘めている長男です。

鈴木:そうですね。あまり派手なことをしないのが、役として彼に惹かれたところです。全部ため込んでいくキャラクターで、それをほぼ人に見せない。この人、何か我慢してる、何かあるんだろう、と想像させつつ、それをわかりやすく表現せずに、自分の中にひたすらため込んでいく。これはたぶん、映画だからこそできることだと思うんです。真剣に見てもらって、あいつ何を考えてるんだろう?と思ってもらう。ある種、見せ場がないように思われるところが一番僕にとっては魅力的なチャレンジでしたね。

──大樹には吃音があります。こうした症状は役の記号のようになりがちですが、この作品ではそういう扱いではありません。

鈴木亮平
鈴木:最初は僕もスタッフも、吃音は子ども時代の親からのトラウマがあったから、という理解でいたんです。でも、クランクインの半年ぐらい前から吃音者の方、何名かにお会いして、研究者の方にもお話を聞くと、どうも吃音と心理的なトラウマの間に関連性があるとは言えないらしいことがわかったんです。吃音症状が現れる割合は、虐待を受けてきた子どもたちと虐待を受けてない子どもたちでは変わらないんです。それを聞いた時に「彼はもともと吃音を持っていて、だからこそ悩んでいた部分もあり、そこに殺人者の加害者・被害者の子どもというのが重なったんだ」と。なので、それこそ記号的に絶対使いたくはなくて、世の中に誤解もされたくないと思いました。うまくコミュニケーションが取れないからこそ、自分の中にため込んでいくばかりで、一番身近な奥さんに過去の事件のことも伝えないほどの性格になった大樹という人間を、説明演技にならないで自分の中で感じていきたいと思いました。

──確かに、多くの説明がないからこそ見ている側に伝わるものがあります。

鈴木:最初の取っかかりにしたのが、何であれだけ親にひどいことをされて、しかも長男ですから、一番長い間ですよね。その大樹が、こんなに早くに結婚して、子どもが欲しいと思ったのかということです。僕は彼の中のひそかな親父への復讐だと思っていて。あんたとは違う、こんなに幸せな家庭を築いたぞ、という。でも、結果的に家族を幸せにできていない。どう振舞えばいいかも分かってないんですね、家庭の中で。親父がそういう人じゃなかったから。だからうまくいかない。自分の血への怯えというか。そこからどんどん広げていきました。この15年、どういうふうに彼は生きてきて、他者とどうコミュニケーションをとってきたのか。それが今回一番考えたことです。

──彼は兄妹の中でただ一人、自分が親でもある。そこで感じるものは弟や妹とは……。

鈴木亮平
鈴木:全然違うと思います。大樹はお母さんが大好きだったけれども、自分が一番必要とした15年間、母親はいなかった。だから恨んでもいるけど、同じぐらい好きで。自分が親になって、親はいかに子どもを愛していたかが分かるから、より母親の気持ちに寄り添いたくなるけれど、母親が帰ってきても素直に抱き合うことができずに逃げてしまう心境。生きづらい人だな、と芝居していても思いました。

──撮影について、公式サイトにある特別映像で「これが白石組かと思って楽しんでいました」と語られました。少し具体的に話していただけますか。

鈴木:いま思い出したのは、スナックで兄弟げんかする場面の動線の作り方ですね。僕が弟を追いかける時につまずいて、居合わせたお客さんにぶつかって「すいません!」という。それを現場で指示されて、ああ、面白いな、と思いました。ダイナミックになるんですよね。計算が見えちゃうと駄目ですけど、うまく動線を作ることによって「あるある、そうなるそうなる!」と思える。単純に会話だけじゃなくて、そういう動きで躍動感が生まれるんです。

──うまいですね。うまいし、その流れが自然だから、スッと入ってきます。

鈴木:白石監督の作品って、飽きさせないところがすごくあると思います。こういう家族の繊細なお話だと、「飽きちゃう人は飽きていいから、繊細に撮っていこう」というスタイルもあると思うんですけど、白石監督はやっぱりエンターテインメントとして撮る。カーチェイスを入れてみたりとか。だから、どんどんストーリーが面白く転がっていく。それもダイナミックだな、と完成作を見て思いました。

──ところで、佐藤さんとはこれが2度目の兄弟役とお聞きしました。めずらしい気がしますが、今回、お話が来た時はどう思われましたか?

鈴木:またか、と思いましたけど(笑)。

──抵抗は?

鈴木:ないですね、何より僕は彼が好きなので。彼を役者としてすごく信頼しているので、彼がやってくれるなら、もう安心して脇を固められるというところがあるんです。前の作品でいかに彼が努力したかも見ていますし、そういう信頼関係は大事です。今回も入ると、スッと弟だと感じられました。以前やった役は実際の彼よりは向こう見ずなところがあったんですけど、今回の雄二は結構、健自身っぽくて。彼はすごく頭がいいし、ちょっとクールなところがあるから。で、僕が演じた大樹は、活発でちょっと悪さもする雄二に憧れているし、コンプレックスみたいなのもあると思うんです。健も、「僕にはそれ絶対ないな」と思うものを持っているから、そことちょっとうまくリンクできた気はしますね。男兄弟って、そういうパワーバランスがあって。ガンとぶつかり合うイメージあるかもしれないですけど、ある程度育っちゃうと、逆に遠慮し合うところがあるので、そこがちょうど僕の中でしっくりしましたね。

(2019/11/04)


【関連記事】



鈴木亮平
すずき・りょうへい

1983年3月29日生まれ、兵庫県出身。2007年公開、森田義満監督『椿三十郎』で映画初出演。以降。映画・ドラマ・舞台で活躍。主な映画出演作は『HK/変態仮面」(13年)、『TOKYO TRIBE』(14年)、『風に立つライオン』(15年)、『予告犯』(15年)、『俺物語!!』(15年)、「海賊とよばれた男」(16年)、『忍びの国』(17年)、『羊と鋼の森』(18年)など。NHK連続テレビ小説『花子とアン』(14年)でヒロインの夫・村岡英治役を演じ、第39回エランドール賞新人賞受賞。NHK大河ドラマ『西郷どん』(18年)に主演。新撰組の近藤勇を演じる映画『燃えよ剣』が2020年公開予定。

MOVIE Collection