ムビコレFacebookムビコレtwitterムビコレYoutubeムビコレニコニコ動画

映画・DVDの最新ニュース・予告編・動画は[ムビコレ]

 

『罪とか罰とか』 成海璃子 インタビュー

映画『罪とか罰とか』成海璃子インタビュー

 

 

本格コメディに初挑戦! その思いとは?

  • 『ハチミツとクローバー』(08)といったドラマや、『神童』『きみにしか聞こえない』(共に07)などの映画で活躍。まじめな正統派美少女役の印象が強かった成海璃子が、これまでにないグラビアアイドル役で本格コメディに初挑戦! 成海が演じるのは、ヒョンなことから1日警察署長に就任した売れないグラビアアイドルのアヤメ。楽勝で終わるかと思われた署長役は、なぜか、日付が変わる夜の12時まで続けるハメとなり、その上、部下の警察官たちに指示を出す必要に迫られる。そんな、シュールでブラックなコメディに主演した成海に、映画について、そして女優業について話を聞いた。
     
  •  
  • ──この映画の監督・脚本を務めているのは、演劇ユニット「ナイロン100℃」主宰のケラリーノ・サンドロヴィッチ(通称:KERA)。まずはKERA監督の印象を教えて下さい。
  • 成海璃子(以下、成海):KERAさんが脚本も書いているのですが、それを読んで、こんな本を書くのは、どんな人なんだろうというのが、まずはじめにありました。実際にお会いしてみると、面白くて、今までにあまり会ったことがないタイプの人だなって思いました。あと、KERAさんから撮影中に「笑うポイントが似ている」って言われたんです。私は笑わせようとしているところでは全然笑えず、人が(セリフで)噛んだり、何かやっちゃうと、それを見て笑ってしまうのですが、パッと横を見ると、同じところでKERAさんも笑ってたり(笑)。
     
  • ──この映画が本格コメディ初挑戦だそうですが、今年はほかに、竹中直人監督の『山形スクリーム』でホラーにも初挑戦しています。新しい役に挑戦したいという気持ちがあったのでしょうか?
  • 成海:私の場合、若いのに天才みたいな役をいただくことが多くて、そういうイメージをもたれていると思うんですね。1つとして同じ役はないと思っているのですが、一方で(似たような役ばかり演じていることで)役をいただいたときに、「はい、わかりました。こういう役ですね」となれていくのも望ましくない。世間に飽きられるのも、自分が飽きていくのも怖いと思っていて。だから、いろいろな役に挑戦したかったんです。今回この映画に出会えて、いつもと違うダメな人間を演じられたことは、すごく良かったと思っています。
  •  
  • ──成海さんが出ていないシーンでも、芸達者な共演者の小技を利かせたシーンが目白押しでしたが、初めて完成作を見たときの感想は?
  • 成海:犬山(イヌコ)さんや大倉(孝二)さん、奥菜(恵)さんたちが出てくる後半のシーンとか、KERA監督と舞台のお仕事をされている方ばかりなので、すごく面白かったですね。でも、自分が出演しているシーンでは、すごく落ち込みました。
  •  
  • ──落ち込んだ理由は?
  • 成海:撮影中のことを覚えているので、こうなると思っていたけど、意外と普通だったとか、声のトーンとかが気になって。ただ、毎回、同じなんですよね。はじめて出演作を見るときは、いつも「何だよ、これ」みたいに思っちゃって。段々と、それを受け入れていくんですけど、最初はボロクソ。自分のあら探しばかりしています。
  •  
  • ──共演陣はみな、個性的な方が多いですが、この映画を通して、技術面も含めて学んだことは?
  • 成海:技術を身につけたいと思わないので、よくわからないですが、普通の作品では、あまり「あ、噛んじゃった」なんてセリフはないじゃないですか? そういう、普通はやらないようなことをやれるのは面白かったですね。それと、舞台をやられている役者さんを見て、やっぱりスゴイなって痛感しました。映像の場合、カメラやアングルをはじめ、いろいろなものに守られている気がするんですけど、舞台だと、そこでは芝居しかない。だから、スゴイんだろうなって思いました。
  •  
  • ──これまでも、いろいろな役を演じてきたと思いますが、以前と今とで、女優という仕事に対する考え方が変わってきている面もありますか?
  • 成海:変わったなと思うのは、1つの作品にかけている部分が大きくなってきたこと。以前はこの作品が終わったら、次の日から別の作品のクランクインって言われても、全然大丈夫だったし、むしろ嬉しいみたいなところもあったんです。だけど、この映画をクランクアップした翌日から戦争物の撮影だったのですが、それがきつくて。何とか、やり通せましたが、準備期間って必要なんだって思ったし、1つの作品に自分が入り込む面が大きくなったとも感じました。あと、この仕事を面白がれなくなったら、やっている意味がないとも思います。別に、この年で働く必要もないわけですから。好きだからやっているわけで、だから、女優という仕事を好きでいたいと思いますね。
  •  
  • ──最後に2009年の抱負を教えて下さい。
  • 成海:今まで自分の気持ちだけで決断をしたことがあまりなかったので、2009年は1つひとつ、自分で決めていきたいと思っています。まだ、私も16歳なので、自分1人では決めれないこともあるけど、でも、自分の人生なので、自分で決めなくちゃいけないって、そう思っています。
  •  
  • (09/2/23)

映画『罪とか罰とか』成海璃子インタビュー

成海璃子/Narumi Riko
1992年生まれ。神奈川県出身。8歳でドラマデビューし、02年に『TRICK劇場版』で映画デビュー。『神童』『あしたの私のつくり方』(共に07)などで高い演技力を披露。初のホラー映画『山形スクリーム』が公開待機中。

成海璃子インタビュー動画を見る


 映画『罪とか罰とか』成海璃子インタビュー

撮影現場での様子。ケラリーノ・サンドロヴィッチ監督(左)と成海璃子(右)

動画マーク

 

 

『罪とか罰とか』

 『罪とか罰とか』
2009年2月28日よりシネマライズほかにて全国公開

(C)「罪とか罰とか」製作委員会
作品紹介ページへ

 

 

 

 

 

アクセスランキング

ランキングをもっと見る

インタビュー

『仮面ライダーアマゾンズ』藤田富×武田玲奈インタビュー

『仮面ライダーアマゾンズ』藤田富×武田玲奈インタビュー

期待の若手2人が伝説的異色作『仮面ライダーアマゾン』のリブート作品に出演!

『ブルックリン』シアーシャ・ローナン インタビュー

『ブルックリン』シアーシャ・ローナン インタビュー

若手演技派の筆頭格が、2人の男性の間で揺れ動く思いを語った

『ダーク・プレイス』シャーリーズ・セロン インタビュー

『ダーク・プレイス』シャーリーズ・セロン インタビュー

人間の闇を描いた衝撃作でプロデューサー・主演を兼務

『日本で一番悪い奴ら』綾野剛インタビュー

『日本で一番悪い奴ら』綾野剛インタビュー

覚悟を決めて臨んだ激ヤバ刑事がスゴ過ぎる!

インタビュー >>

最新ニュース

ニュース一覧 >>